スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラコ・アトミカ/犬村小六

黒酢で元気


とあることがきっかけで最近めっきり健康志向になってしまいまして、この前初めて黒酢ドリンクなるものに手をつけてみたのですが、これがビックリするぐらい美味しい。とはいっても黒酢にハチミツやリンゴ混ぜて飲みやすくしたものなんですが。
黒酢の効能には色々ありますが、こんなにも美味しい飲み物で健康体になれるなら喜んで飲み続けられますね。
オススメは黒酢を牛乳で割った飲み方です。あの独特な酸味が消えてとても飲みやすい。

黒酢オススメですよー。






サクラコ・アトミカ (星海社FICTIONS)サクラコ・アトミカ (星海社FICTIONS)
犬村 小六 片山 若子

講談社 2011-04-15
売り上げランキング : 82636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「だって……自分がなにものなのか、わからないなんて……」
「そんなもん、普通の人間だってわかっとりゃせん」
「…………」
「わらわにはこころがある。容れものがどう造られようが関係ないわい」
「…………」
「こころがあればいいよ。だからおんしもバケモノではない。こころを持たぬものがバケモノじゃ」



――あらすじ――
「――サクラコの美しさが世界を滅ぼす」
狂気の科学者ディドル・オルガによって畸形都市・丁都に囚われた美貌の姫君、サクラコ。七つの都市国家を焼き払う原子の矢は、彼女の"ありえない美しさ"から創られる。囚われの姫と彼女を守る異形の騎士・ナギが密かに心を通わせ始めたそのとき、サクラコ奪還のための刺客が帝都に侵入する──。犬村小六の新たなる代表作にして、勇気と希望のボーイ・ミーツ・ガール。ここに開幕!


――感想――
『飛空士』シリーズでお馴染みの犬村先生による新作。
もうとっくに評価されてるのだろうけど、それでも敢えて言う。これはもっと評価されるべき傑作!
この1冊でも充分に星海社FICTIONSが抱える才能の大きさを窺い知れるよ。

これはとても切なく、そして勇気のわく恋物語。
舞台は架空の都市国家。強大な力を持つ悪い魔法使いに囚われたお姫様を白馬の王子が救い出す、なんてのは古典的な童話みたいだけど、この物語ではお姫様を救い出すのは、本来お姫様を捕えておくはずの牢番役。実際の白馬の王子にあたる人物は悲惨な目に遭ったりするからね。

見た者を畏怖もしくは欲情させてしまう人智を超えた美しさを誇るサクラコの、その量子論的な美しさを原子力に変えて世界を滅ぼす、なんて発想には思わず「やられた!」と膝を打ってしまった。
狂気的な実験に自身の体が使われ、ましてや世界を滅ぼすことになるなんて、とサクラコは自殺を図ろうとして、その度にオルガの想像によって生み出された無敵の個体ナギに阻まれて……そんなことを繰り返すうちに、ナギを困らせることに楽しみを覚え始めたサクラコが、退屈凌ぎにあれやこれやと我が儘放題になり、美貌で誘惑してナギに連れ去ってもらおうと頼むところは、なんだかすごく可愛い。
ナギ自身は、生みの親の言いつけに従ってるだけだからと最初は相手にしないのだけど、会話を重ねるうちにお互いの抱えるものが見え始め、それを認めてくれたサクラコに少しずつ心を開くようになっていく。

自分はバケモノだから心なんて知らないのに、初めて抱く初々しい感情に戸惑って、でもサクラコと想いを共有し合うことはすごく心地よくて。二人が抱き合いながら観覧車の中で約束をするシーンは、もう本当に胸が詰まる。

だからこそ、いとも簡単に二人の約束が引き裂かれたときは衝撃だった。二人が相手取った敵はあまりに強大すぎて、勝てる余地なんて始めから一切なかった。突きつけられた事実が辛すぎる。
生き地獄を味わわされて、なにを恨めばいいのかもわからず、ただひたすら終焉へと向かうサクラコとナギ。

それでも二人の間には絶対に崩れない信頼と、そして約束があった。それだけを糧に、決して立ち止まらなかったナギがとっても素敵でした。
ラストはまさに世紀末的なフィナーレ。どこまでも幻想的で、どこまでも美しくて。『サクラコ・アトミカ』のその意味をきっと知れるでしょう。

荘厳壮麗なファンタジーあるいは壮大なラブストーリーかと思いきや一癖あるトリックも仕込まれていて、もう大満足。とにかくメインの二人が可愛いので、そういう意味でもオススメ。
個人的に、犬村先生の魅力は資料の読み込みから得た造詣の深さと、一本の映画を上映してるかのような流麗な文章にあるんだと思う。そのことを改めて認識させてくれた良書だった。オールカラーで堪能できる若子さんの美麗なイラストも物語を美しく彩ってくれている。あらゆる面で『命』を感じる一冊でした。

「祈れ。命に不可能などない」



関連商品
金の瞳と鉄の剣 (星海社FICTIONS)
星海大戦 (星海社FICTIONS)
まおゆう魔王勇者3 聖鍵(せいけん)遠征軍
Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫)
サクラダリセット5 ONE HAND EDEN (角川スニーカー文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト

エレGY/泉和良

つかボンさんのなんちゅーかもやーっと


今日見たとあるサイトについて。
被災した地域の避難所や個人が、個々に必要な物資を『支援物資』として記載し、ネットを介して第三者から支援してもらうというサイトを見たのですが、そこであり得ない光景を目にしたのでなんちゅーかもやーっとしております。
URLを晒すのはさすがに不謹慎なので控えておきますが、個人にもかかわらず避難生活に絶対必要ないはずの生活用品やら家電製品やら(除湿機、空気清浄機、デジタルオーディオプレイヤー、DVDプレーヤーなど)をこれでもかというぐらい大量に書き連ねてる人がいたんで、さすがにそれはあり得ないだろうと。
サイト自体は良心的なもので、特に問題があるようには見えなかったのですが、サイトを利用する人たちが、いくら被災された方だとしてもこれ見よがしに図々しくなるのはどうなんでしょう。
実際どんな目的があって書き込んだのかはわかりませんが。
それでも、

なんちゅーかもやーっとです。






エレGY (星海社文庫)エレGY (星海社文庫)
泉 和良 huke

講談社 2011-04-08
売り上げランキング : 64619

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「はは、しょうがないな。人と違う生き方は苦しい事ばっかりだぞ?」先生の言葉は重い説得力を伴っていた。
「……でも、誰もしないような生き方をせんと、特別な存在にはなれない、ってな。……がんばれよ」



――あらすじ――
「君のパンツ姿の写真、求む!」失恋したばかりのしがないフリーウェアゲーム作家が「僕」がネットの海で出会ってしまった魅力的で壊れかけの女子高生、「エレGY」。彼女には誰にも触れられぬ“秘密”があった…。破天荒に加速する“運命の恋”を天性のリズム感で瑞々しく描ききった泉和良の記念碑的デビュー作。


――感想――
初めて星海社文庫の感想を書きます。
Fate/Zeroも積まれてるんだけど、アニメのほうがまだ見れてないんだ。

それはともかく。
あらすじとhukeさんの表紙に惹かれ読んでみた、泉和良さんのデビュー作『エレGY』。これは面白い。作者のパワフルさがひしひしと伝わってくる良出来な青春小説だった。

安っぽいプライド掲げて定職に就くことを拒み、フリーウェアゲームで生計を立てながらも、その実ジリ貧生活を送るジスカルドこと泉和良の姿が情けなくて痛々しい。でも、どうしても憎めなくて見捨てられないんだよなあ。
それはたぶん、だれもがジスカルドと同じような経験をしたことがあるからだと思う。初めのころは野望と希望に満ち溢れていたのに、いつしか目指していたものと違う方向に向かっていた、なんてことを。親近感に似た感情を抱いてしまうんだよね。

生きるために自分の作りたいと思うものが作れないのは、なんとも悲しい。けれど我が道を貫けば生活が困窮してしまう。トレードオフ的な残酷さの中で生きることしか選べないのは、それが現実だと言われてもやっぱり切ない。

若かりしころに見ていた夢はいつの間にか大衆指向に埋もれてしまって、ジスカルドという幻想で飾られた『魔法』に頼るだけの日々。
だからこそエレGYに対してあと一歩が踏み込めない。想いはいつの間にか抑えられないほど膨らんでいて、今にも破裂しそうなのに、ギリギリのラインでジスカルドは右往左往する。それは、近づきすぎれば『魔法』が解けて、本当の自分が暴かれることを知っているから。
今までに何人ものファンが、描いていた理想と現実とのギャップに幻滅して目の前から去っていた。その過去を繰り返したくないからこそ、エレGYに冷たい態度をとってしまう。本当に大切だから突き放さないといけないなんて、やるせない。

好きで好きで堪らないのに、傷つけ合うことを恐れて手が伸ばせない。もどかしくてもどかしくて……。でもそのもどかしさがあったから、本音をぶつけ合ったときのエレGYの言葉と、ラストシーンに深く感動することができた。
ファンはときに恐怖の対象となり得る。でもファンの応援が大きな力となることだって絶対にあるんだ。泉和良とジスカルドという二人の自分を理解していてくれたエレGYの応援が、きっとなによりも彼の救いとなったのだろう。

残念だったのは、エレGYの人物の掘り下げが浅かったことかな。本編で語られたいきさつだけでは、彼女の壊れかけた人格やリストカットの理由に整合性が得られなかった。もう少し彼女の過去にも触れて欲しかったなあ。

でも、読んだあとはとても清々しい気分になれる。始めはラノベを凌駕する文章量の少なさに驚いたけど、それが絶妙な雰囲気と疾走感を生んでくれた。物語は至って現実的で、自分たちの知らないどこかで起こっているかもしれない小規模なものだったけれど、登場人物はみんなダイナミック。ダイナミックに恋していた。
読み終わって改めて帯を見て思った。
応援したくなった恋はどっち?

どっちもだ。


関連商品
Fate/Zero(4)散りゆく者たち (星海社文庫)
金の瞳と鉄の剣 (星海社FICTIONS)
サクラコ・アトミカ (星海社FICTIONS)
Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)
Fate/Zero(5)闇の胎動 (星海社文庫 ウ 1-5)
by G-Tools


- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。