スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の抱負

あ つ い ん だ け ど ー ー ー ! ! !

いやマジで。もう8月終わりなのにこの暑さはちょっと異常じゃない?
電気代が馬鹿にならないから極力エアコンは使いたくないけど、暑いと頭が働かなくて執筆に支障をきたす。もうやってられないよ。
秋は? 秋はいつ来るの?
私からしたら、春<夏<冬<秋なのです。
もう秋来なくていいよ。冬でいいから、早く冬来て! 私に冬をください!

『冬をください』 作曲作詞:つかボン


8月の購入本
○電撃文庫&メディアワークス文庫
・とある魔術の禁書目録(21)
・ソードアート・オンライン5
・さくら荘のペットな彼女3
・煉獄姫
・竜と勇者(あいつ)と可愛げのない私①、②
・クロノ×セクス×コンプレックス①、②
・バカが全裸でやってくる
・俺のコンビニ
・魔界探偵 冥王星OトイボックスのT

○富士見ファンタジア文庫
・黄昏色の詠使い③、④
・蒼穹のカルマ①

○ファミ通文庫
・バカとテストと召喚獣8
・"文学少女"見習いの、卒業。
・空色パンデミック(3)

○角川スニーカー文庫
・“菜々子さん"の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕

○スーパーダッシュ文庫
・ベン・トー 6和栗おこわ弁当310円

○ガガガ文庫
・ささみさん@がんばらない 3
・とある飛空士への恋歌 4

○GA文庫
・這いよれ! ニャル子さん5
・月見月理解の探偵殺人①~③

25冊……。はは、笑える。
でも後悔はしてないのです。今回は無駄な買い物をしてない。どれも必要だったものばかりと言える。むしろ満足なのです。
さーて、今日からご飯は米と塩だけかなっ。


8月の購入予定本
○電撃文庫&メディアワークス文庫
・ゴールデンタイム1
・電波女と青春男(6)
・月光(←検討中)
・生贄のジレンマ〈上〉
・探偵・日暮旅人の探し物

○ファミ通文庫
・ココロコネクト カコランダム
・百億の魔女語り① オトコが魔女になれるわけないでしょ。(←検討中)

○角川スニーカー文庫
・サクラダリセット3 MEMORY in CHILDREN

○ガガガ文庫
・羽月莉音の帝国①
・GJ部(3)
・Wandervogel

○MF文庫J
・神明解ろーどぐらす 3

○GA文庫
・EX!①

○このラノ文庫
・ランジーン×コード
・僕たちは監視されている
・ファンダ・メンダ・マウス
・伝説兄妹!
・暴走少女と妄想少年

来月も散財の景気がよさそうで。
しかし来月は何と言ってもこのラノ文庫の第1回受賞作発売月ですからね! これぐらい盛大に使わないと!(意味不)
9月10日、まぁフラゲすると思うけど、その日に買う予定の本が10冊。これは店員もカバー付けが大変だw


勝手に新刊ピックアップ!
せっかくなんで、今回は新レーベル祭りです。

○このラノ文庫
ランジーン×コード (このライトノベルがすごい!文庫)ランジーン×コード (このライトノベルがすごい!文庫)
大泉 貴 しばの番茶

宝島社 2010-09-10
売り上げランキング : 76699

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


――あらすじ――
コトモノ――遺言詞によって脳が変質し、通常の人間とは異なる形で世界を認識するようになった者たち。27年前にその存在が公になって以降、社会は人間とコトモノとの共存を模索し続けていた。
そして現在――。全国各地でコトモノたちが立て続けに襲われるという事件が発生。武藤吾朗(ロゴ)は、事件の中で犯人の正体を知る。その正体とは、6年前に別れたはずの幼なじみ・真木成美だった――。

――紹介――
栄えある第1回『このライトノベルがすごい!』大賞受賞作。
まず表紙のイラストで惹かれる。大賞に相応しく表現力のある絵だと思う。真ん中のでっかいリボン付けたちんちくりんな女の子もいいけど、主人公のロゴが気にいりました。
絵師のしばの番茶さんはラノベのイラストを務めるのはおそらく今回が初めてです。他にはチラシイラストや音楽アルバムのジャケットイラストなど多方面で活躍中みたい。
参考までにHP→http://sssn.sakura.ne.jp/
審査員のコメントによると王道ものらしいけど、現代ファンタジーって私大好きです。立ち読みした限りでは大賞らしく整った文体で非常に読みやすく、また読者を引き込む求心力を感じました。これはなかなか期待できるかと。
ちなみに、第1回受賞作すべては『このラノ』の公式HPで立ち読みできますので気になる方はどうぞ一読してみてください。


ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫)
大間 九郎 ヤスダ スズヒト

宝島社 2010-09-10
売り上げランキング : 71149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


――あらすじ――
おれはマウス。しみったれた倉庫でくそったれな監視システム相手に終日ダラ~っとすごす。家に帰ればネーネがべったり張りつく、そんな毎日。でも、おれは今の自分にかなり満足。人生がこれ以上でもこれ以下でも今いる自分になれないのならそんな物は願い下げだと、心の底から思っている。いい女はべらして万ケンシャンパンドンペリジャンジヤンBMベンツにPMゲッツーみたいなことがおれの今の生活に少しも必要だとは思わない――のに! 唐突にあらわれたオカッパジャリのマコチンが「嫁に!」とか言い出してから怒濤の急展開。どーいうことよ、コレ?

――紹介――
来ました来ました来ました!
私が今回の受賞作で最も注目し、最も期待しているのがこの栗山千明賞受賞作『ファンダ・メンダ・マウス』です!
あ、ちなみに『このライトノベルがすごい!』大賞は栗山千明さんも審査員として一枚噛んでいまして、そういう部分でも人気に繋がるんじゃないかと思ってます。さすが女神!
それはともかくこの作品です。
知っている人なら表紙を見ればすぐに分かると思いますが、イラストを担当しているのは『デュラララ』でも有名なヤスダスズヒト先生です。このラノ文庫の出版社である宝島社とヤスダ先生は馴染みが深いので、絵師の起用は当然でしょうね。
しかしこの作品、とにかく文章個性的。独特というか、今までのラノベの観念を真っ向から打ち崩しにかかっています。
なのにななんだこの面白さは。私は立ち読みの時点でもう虜です。デスクトップの壁紙とツイッターの背景をこの表紙のイラストに変えたほどです。
大間先生のインタビューも公式HPで紹介されているのですが、本の内容に違わず良い意味で捻くれています。良い意味で捻くれてるってどんなんだよって話ですが、この人ならあんな文章を書いても納得の人柄でした。
とにかく今は、この作品の発売が待ち遠しくて悶々とした日々を送っています。


伝説兄妹! (このライトノベルがすごい!文庫)伝説兄妹! (このライトノベルがすごい!文庫)
おかもと(仮) YAZA

宝島社 2010-09-10
売り上げランキング : 65315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


――あらすじ――
才能はなく、お金もなく、だが働きたくない。ないない尽くしのダメ大学生・柏木は、食糧を求めて入り込んだ山の中で、奇妙な遺跡を発見する。遺跡の中で出会った少女が持つ、凄まじい詩の才能を目の当たりにした彼は、彼女をデシ子と名づけ、妹として自分の家に住まわせ始める。柏木の目的は、彼女の詩を自分のものとして売りさばくことだった。目論見は成功し、一躍大金持ちとなる柏木だったが、謎の美女が彼の前に現れ……。

――紹介――
さて、今回最後に紹介する受賞作品です。特別賞受賞作『伝説兄妹!』です。
この作品、実はなかなかの伏兵になるんじゃないかと個人的には踏んでいます。
とにかく文章が軽快で面白い。陽気な気分になるというか、主人公に感情移入がしやすいんです。
私自身が大学生だからかは知りませんが、大学生が主役の話ってかなり好感がもてるんですよね。なぜか妙に共感出来るし。この作品も立ち読みした限りでは、そんな印象を与えてくれました。
あとイラストね。この単純だけどシンプルではない、デフォルメチックな画風が気にいりました。主人公柏木の友人三人衆が特にお気に入りですw


9月に向ける一言抱負
冬を探しに行きます。


スポンサーサイト
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07 09
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。