スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の抱負

5月の購入本
○電撃文庫&メディアワークス文庫
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない(8)
・さくら荘のペットな彼女5
・煉獄姫 三幕
・ストライク・ザ・ブラッド1
・雨の日のアイリス
・有川浩脚本集 もう一つのシアター!
・僕の小規模な奇跡

○富士見ファンタジア文庫
・東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest ?

○ファミ通文庫
・"文学少女"の追想画廊2
・"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1)
・ココロコネクト クリップタイム
・百億の魔女語り(3) なんでこんなに不思議な妹ばかりなの?

○角川スニーカー文庫
・アリス・イン・ゴシックランド 霧の都の大海賊
・サクラダリセット5 ONE HAND EDEN
・涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版

○ガガガ文庫
・キミとは致命的なズレがある
・こうして彼は屋上を燃やすことにした

○MF文庫J
・変態王子と笑わない猫。3
・僕は友達が少ない6 ドラマCD付き特装版

○講談社BOX&講談社ノベルス
・『POWERS SELECTION [新走]』
・酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored

○星海社文庫&星海社FICTIONS
・Fate/Zero(5)闇の胎動

○一般書籍
・GOSICKsIV‐ゴシックエス・冬のサクリファイス‐
・図書館危機 図書館戦争シリーズ3
・翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件
・理由あって冬に出る
・さよならの次にくる<卒業式編>
・さよならの次にくる<新学期編>
・まもなく電車が出現します
・万能鑑定士Qの事件簿 I
・邪馬台国はどこですか?
・星の王子さま

あれれー? おかしいぞー?(某眼鏡の少年探偵風)
ラノベの購入数を抑えたはずなのに、予定の購入数となんら変わってない。ラノベの節約に成功したからって一般のほうで調子に乗っちゃったー、あはは。
よい子のみんなは真似しないように! ……はぁ。






6月の購入予定本
○電撃文庫&メディアワークス文庫
・バッカーノ!1932-Summer
・カミオロシ ~縁結びの儀~
・僕と彼女のゲーム戦争(←検討中)
・ノーブルチルドレンの残酷

○富士見ファンタジア文庫
・生徒会の木陰 碧陽学園生徒会黙示録5

○ファミ通文庫
・バカとテストと召喚獣9.5

○ガガガ文庫
・赤鬼はもう泣かない

○GA文庫
・深山さんちのベルテイン 2

○講談社BOX&講談社ノベルス
・囮物語
・虚構推理 鋼人七瀬

○星海社文庫&星海社FICTIONS
・Fate/Zero(6)煉獄の炎
・私のおわり

○一般書籍
・GOSICKVIII‐ゴシック・神々の黄昏(上)
・図書館革命 図書館戦争シリーズ4
・まごころを、君に THANATOS
・名探偵に薔薇を

そんなわけで来月は切り詰めてみました! ラノベがたったの10冊!(講談社ノベルス、MW文庫はラノベだと思ってないので除外)
毎月これぐらいの量を保てればいいのだけど。






勝手に新刊ピックアップ!
○メディアワークス文庫
ノーブルチルドレンの残酷 著:綾崎隼

――あらすじ――
美波高校に通う旧家の跡取り舞原吐季は、一つだけ空いた部室を手に入れるため、『演劇部』と偽って創部の準備を進めていた。しかし、舞原と因縁ある一族の娘、千桜緑葉も『保健部』なる部の創設を目論んでおり、部室の奪い合いを発端に、奇妙な推理勝負が行われることになってしまう。反目の果てに始まった交流は、やがて、二人の心を穏やかに紐解いていくことになるのだが……。
 幸せを放棄した少年と、純真な心で未来を夢見る少女の人生は、いつだってポップなミステリーで彩られていた。これは、現代のロミオとジュリエットに舞い降りる、儚き愛の物語。

――紹介――
『蒼空時雨』など『四文字』シリーズでお馴染み、綾崎隼先生の新作です。
新作とはいえ、『舞原』が出てきてるので既存作品と世界は同じみたい。まだ『蒼空時雨』しか読んでないんで詳しくはわからないのですけど。
あらすじの文面から、惹かれる要素はたくさんある。この人が書くミステリが如何なるものなのか非常に楽しみです。


○ガガガ文庫
赤鬼はもう泣かない 著:明坂つづり

――あらすじ――
審査員特別賞受賞作家、鮮烈デビュー!!
ヘンタイ中学生(?)の西井大豪は転校先の学校でいきなり、カワイイ女生徒・ここめに指をチュパチュパと吸われてしまう! 彼女はいったい……? そして自分はいったい……!?

――紹介――
第5回小学館ライトノベル大賞『審査員特別賞』受賞作です。
タイトルからして、『泣いた赤鬼』のパロディに近いものなのだろうか。短いあらすじの中になかなかの変態性が迸っているので色々と期待しているのだが、注目したいのは絵師さんが『ココロコ』シリーズでもお馴染みの白身魚さんだということ。
パステル調の淡い画風でどんな変態チックなイラストを書き散らしてくれるのか、今から楽しみです。



スポンサーサイト
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。