FC2ブログ

電波女と青春男5/入間人間

絶版、回収かー。面白かったんだけどなぁ。


最近各所で話題となっている『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』の自主回収の件ですが、誠に残念な案件ですよね。
パクリパクリと騒がれていて、確かに出版社側はどう出るのか気になってはいましたが、予想通りといえば予想通り。
しかし、出来れば的中して欲しくなかった予想です。個人的にはお気に入りの作品だったので。
プロ作家として他人の作品をパクることは許されることではありませんが、何が残念かといえば、作家としての実力を備えていながらパクリに走ってしまったことが遺憾に堪えません。
この作家さんなら、個人の実力でも面白い作品が書けたと思います。

もし哀川さんがまだ作家として生きていくことが出来るならば、今回のことを重く受け止めて、次回から誠実さを持って望んでもらいたいです。


電波女と青春男〈5〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈5〉 (電撃文庫)
入間 人間 

アスキーメディアワークス 2010-06-10
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「イトコ」
「ん?」
 腰の後ろに手を当てたまま、俺の横を大またで歩くエリオがこそばゆそうに宣言する。
「わたし、せーしゅん女になる」
「……おぅ、頑張れ」



――あらすじ――
青春ってのがなんなのかは正直分からんけど、それがあると心が満たされるものらしい。
あ、どうも。青春ポイントを求め彷徨う流浪の旅人、丹羽真です。ついに俺は、ぐるぐる布団に電波女な藤和エリオと一緒に海に来てしまった。それだけじゃない。水着完備の天然健康系少女・リューシさんも、コスプレ長身美人・前川さんも一緒(女々さんもね一応)!これは、青春ポイント大ブレイクの予感。うーんやっぱり、夏は『海』で『水着』で、『UFO』に『宇宙戦争』だな!…あれ?最後のほう、俺なんて言った―。


――感想――
ふ、ふぇー。
読んだ人なら分かるこの心の癒し。

待望の5巻だよー。
夏休み編第二弾ということで、やはりというか何というか、お約束の海! 海! 海! なお話。

まずは扉絵に注目!
待ってましたの水着姿。エリオ、リューシさん、前川さんの三人娘が眩しい!
そして浴衣。そうだよ浴衣だよー。忘れてたよー。
やっぱり夏といえば水着に浴衣だよな!
エリオとリューシさんの水着&浴衣姿に早速KOされそうになって焦ったぜ。リューシさんデケー。

残りわずかな夏休みを満喫するために、女々さん提案で海に町内旅行に出かけよう、ってな話。
その旅行には他にも前川家や大井家や、リューシさんまで参加で青春大爆発な匂いがぷんぷんと。
エリオとリューシさん、ほっぺつねり合いって……。
いつからこの二人はこんな微笑ましい光景を演出できるようになったんだ? まぁ、まだぎこちなさは拭い切れていないけど。
なんとかリュウシには吹いた。

そして、エリオ第一発見者のお爺さん登場。
かつてのエリオとは対照的に、前向きに宇宙人を信じるお爺さん。
その純で直線的な想いに、丹羽君も感化されちゃったり。
そんなお爺さん企画でスポーツチャンバラなるものが開催されることになるのだが、……スポチャンかぁ。
ルールとかはよく知らんけど、小学生の頃擬似体験はしたことあるな。友達とふざけて遊んでた。

エリオとリューシさんが予想以上に仲良く接せれていたのは嬉しい限り。今後の和み要素が増えたぜ、イエィ!
でも、今回は個人的に前川さんだと思うんだ。
今回は四章の丹羽くんと前川さんの絡みが読めただけでも、購入した意味はあると思う。
酔っ払い視点で描くとか、ホント入間先生は挑戦的で素敵です。めちゃくちゃ笑いました。
前川さんの男前さの裏に隠された乙女な部分が徐々に露見し始めている。それがもう可愛くて仕方がない。
エリオやリューシさんばかりにかまけていると前川さんの不意打ちには対応出来ないと実感。分かったかサファ男!

湯飲みの例え話は、私の心を確信を持って突き抜けて行った。
人は自らが積み上げてきた偶然が、いつか必然に変わるようにと祈りながら一秒一秒を生きている。
だから偶然の愛など存在せず、たとえ原因が偶然による作用だったとしても、愛が生まれることは必然なのだ。
私もドミノと化した湯飲みを倒すように、生きていけたらなと思う。

このシリーズでは2、3巻がお気に入りなのだけど、今巻もなかなか。
青春成分が多分に含まれていたからだろうか。
それにしても入間先生もバガボンド好きなんだよなー。
私も大好き。井上雄彦は少年&青年漫画の神だと思ってるからね。
ちなみに一番好きなキャラは伝七郎……の兄w

全体を通して、夏の終わりを彩る良い盛り上がり方だった。
次回は文化祭編とのこと。
前川さんの件がどうなるかも気になるけど、丹羽くんと『とりたま』コンビの絡みも気になる。
次巻は9月発売ともうすでに決定している。それまで楽しみ。



関連商品
空ろの箱と零のマリア〈4〉 (電撃文庫)
アクセル・ワールド〈5〉星影の浮き橋 (電撃文庫)
ロウきゅーぶ!〈5〉 (電撃文庫)
六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)
世界平和は一家団欒のあとに〈10〉リトルワールド (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

こんばんは。
絶版・回収残念でした・・・
機会があるのなら、次回作をがんばって欲しいですね。

「電波女と青春男」は今日2巻を購入しました~。
遅れてるなぁ~私・・・
早速読まないと!!
でも積み本が・・・・
Posted at 2010.06.13 (22:53) by naomatrix (URL) | [編集]
ほんとエリオを見てると和みますね・・・
Posted at 2010.06.14 (17:48) by 欠陥製品 (URL) | [編集]
つかボンさん、こんばんは。
絶版、回収らしいですね。買っといてよかった~
まだ読んでないのでなんともいえないのですが、作者がパクリを認めてしまったらもうどうしようないですね。
評価が高かった作品なだけに残念です。

入間先生ヤバイです。刊行ペースは異常に早いし、作品の質も異常に高い…働きすぎじゃないでしょうか。
そのおかげで毎月素晴らしい作品が読めて幸せなんですけどね。
今回は「海」ということで色々楽しませてもらいました。
ブリキ氏の絵もひじょーーーーーーに素晴らしかったです。
Posted at 2010.06.14 (19:33) by じたま (URL) | [編集]
おや? クラ川さんに対する恋慕の記述が見られないのですが気のせいでしょうか。
それはさておき。誕生日の方にまた感謝しなければいけないようですね。読みたいのですが最近訪れる機会が減少してまして、次回の機会にでも読んで感想書かせてもらいます!

私も2,3巻が好きですねいや別に女々さんに毒されたとかそういうことではなく。
今巻は中々でしたね。夏といったら、があまりにお決まり過ぎて少々残念でしたが。
しかし何といっても前川さん、もといクラ川さんです。3巻の時点で実はヤバかったのですがね。

……電波女のコメを書くと、やはり電波電波する件www
Posted at 2010.06.14 (20:59) by ask (URL) | [編集]
続編を期待していたんですけどね。
絶版・回収という結果になって残念です。


5巻は途中まで読んでいます。
先に「まるごと入間人間」の方を読んでしまったので。

エリオとリュウシさんのほっぺつねつねは微笑ましいですよね。
以前のような仲にとはいかないだろうけど、2人の間の溝が少し埋まったみたいでよかったです。

そして、毎度楽しみにしている前川さんのコスプレ。
ワニ川さんナイスでした。

まだ中盤くらいなので、これから続きを読みます。

Posted at 2010.06.14 (21:21) by 半熟タマゴ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
naomatrixさん、コメントありがとうございます。

絶版・回収は本当に悔やまれる事件でした。
どうか、ただ一度の失敗で作家生命を断ち切られないように願うばかりです。

例え遅れていたとしても、このシリーズを読んでいただけているだけで嬉しいですね。
二巻は私としてはシリーズで一番の出来かと思います。
存分に堪能してください。

欠陥製品さん、コメントありがとうございます。

ホント、和みますよね。
丹羽くんがエリオの事を娘のように感じるのも分かります。
こんな娘なら大歓迎です。

じたまさん、コメントありがとうございます。

私も購入しといてよかったと思います。
人気な作品なだけあって、それなりに価値が高くなりそうですしね。
でもそもそも、そんなことで価値が高くなったりしたらいけないんですよね。
今回の事件は本当に残念極まりないです。

月刊入間人間は不滅ですよー。
すでに7月~9月までの刊行予定が決定されてますからね。
来月の『多摩子さんと黄鶏くん』が楽しみでしかたないです。
やっぱり夏の話は面白いです。特に『海』がテーマの話が面白くないわけがない。それが入間先生なら尚更です。
ブリキさんのイラストは、もう御褒美ですよ。私はそう解釈しています。

askさん、コメントありがとうございます。

クラ川さんはネタばれになるかと思って記述を控えさせてもらいました。前川さんのコスプレを楽しみにしている方もいるかと思いまして。
それに、個人的には前川さんの浴衣姿のイラストがツボなんですよね。ほろ酔いで髪を書き上げている仕草が……たまらない!
でも、チャンバラするクラ川さんはシュールで素敵です。……って、思いっきりネタばれしてるやん!

askさんも2、3巻が好みですか。
2、3巻は出来が素晴らしいですよね。いろいろなことを考えさせられる話でもありましたし。
私はしっかり女々さんに毒されてる気がするんですよね(汗)
2巻のラストの女々の台詞が今も心に突き刺さっています。
私としてはスポチャンは結構意外性を持ってたかなーと思います。
何にせよ良いお話でした。

私もaskさんもしっかり電波にあてられてますねw

半熟タマゴさん、コメントありがとうございます。

本当に残念です。
次回作をぜひとも期待したい!

私も先に『まるごと一冊』を読みました。
やっぱり今月の主役はそちらですからね。
『まるごと一冊』に『電波女5』と、幸せポイント大ブレイクですね!

元々友達だった分、ぎこちなくなるのは分かりますよね。
エリオが同性の友達との溝を埋めようとする姿勢が見れたのは良かったです。
今回の旅行を経て、この二人の関係がどうなっていくのか、気になるところです。リューシさんはエリオの事をめちゃくちゃ意識してるからなー。主に丹羽くん関連で。

前川さんは章間の挿絵でも素晴らしいコスプレが拝めますよ。
ぜひともご覧になってください。

半熟タマゴさんの感想を、読書メーターにて楽しみにしてます。
Posted at 2010.06.14 (23:10) by つかボン (URL) | [編集]
絶版、回収本当に残念です
哀川先生復帰はむずかしいでしょうね
復活することがあるのならがんばってほしい

エリオもリューシさんも前川さんも
今巻ではまぶしかった(一応、女々も)
てか、まこちゃん青春しすぎだろ
少しずつですがエリオとまこちゃんの関係も動いている
ので今後の恋愛模様にも期待大です
Posted at 2010.06.15 (00:38) by シャモ (URL) | [編集]
ふ、ふぇー。
癒しをありがとうですね。

今回で前川さんもといワニ川さんもといクラ川さんの株が急上昇しました。待望のデレ到来に僕も思わず酒をn(ry

リュウシさんとエリオの『むーい!むーい!』に和みました。というかエリオってチャンバラ出来るくらいの体力の持ち主なんですね。引きこもり(布団)だったのに。

カラーページの女々ちんに爆笑してしまったのは秘密の方向で…

Posted at 2010.06.15 (12:37) by トナカイ (URL) | [編集]
Re: ふ、ふぇー。
シャモさん、コメントありがとうございます。

やはり哀川先生の復帰は難しいですかね?
私としては、あと一度だけチャンスを上げてほしいです。
簡単に若手の芽を摘み取らないでほしいです。
まぁ、摘み取られても仕方がないことをしてしまった訳なのですが。

いつになく丹羽くんがラブコメしてましたよね。
ただそれが不快にならないように描けるのが、入間先生のすごいところかなと。
リューシさんだけでなく、エリオや前川さんとの仲も進展してきているので、ますます今後の展開が楽しみです。

トナカイさん、コメントありがとうございます。

前川さんもといワニ川さんもといクラ川さんの魅力が全開でしたね。
前川さんがデレている姿は多少なりとも違和感を感じますが、素敵だからOKです。
なら私も酒を。
トナカイさん、今度一緒に前川さん談義でもしながら一杯やりましょうw

エリオの意外な身体能力には驚きです。
リューシさんについて行けるってどんだけー。
二人の中もこれからどうなるのか気になるところです。

いやー、秘密にできないほどの面白さでしたから、隠し通せれるかは自信ないですw
Posted at 2010.06.16 (03:53) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード