FC2ブログ

くあっどぴゅあ/木本雅彦

『WRITINGDAYs!』について


報告を少々。
『WRITINGDAYs!』の更新情報は、こちらのブログでも何らかの報告していきます。
『WRITINGDAYs!』は小説公開専用のブログであり、メインはあくまでこちらのブログなので、これからもこちらを主体に運営していこうと思います。
あと、こちらで相互リンクさせてもらっているブログは、あちらでもリンク登録させてもらっています。
NGという方は遠慮なく言ってください。

ではでは。


くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)
木本 雅彦

エンターブレイン 2010-05-29
売り上げランキング : 53942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 新しい仲間ができて、新しいチームが誕生したこの日。
 俺は新しい感情を手に入れた。
 きっとどんな辞書にも載っていて、簡単な言葉で表現できる。
 それは、ほんの一文字の――一文字の。
「どうしたの? 固まっちゃって。変だよ」
「変じゃねえよ! 下は心だ心!」
『変な下心と書いて、それは』
「わーっ! 言うな、言うな!」
 口に出さなくたって、俺には分かってしまっていた。



――あらすじ――
理系学園都市、鳴間洲市の高校に入学した俺は高校デビューを目論んでいた。ロボット競技「サイドキック」に挫折して自棄になっていたんだ。そんな時、ひょんなことから変わり者の美少女、静華と勝負することに。「勝てばチームメイトに。負ければ童貞を奪われる」って、どんだけ俺得!?しかしこの対戦を機に俺は情熱を取り戻し、何とか集めた性格も専攻も不整合な4人チームでNo.1を目指す日々が始まった!ピュアでディープな青春理系ノベル、起動。


――感想――
ロボットは男のロマンだよな!
みんな、宇宙でめぐりあおう!

ロボットものということで購入。
イラストも結構好み。

ただなぁ、内容とかより前に文章が肌に合わなかった。
情景描写や展開描写が大雑把過ぎる。そのせいで、時々今がなんの場面なのか分からなくなるときがあった。
ストーリーが面白かっただけに残念。

舞台はロボット工学が発達した学生の街。
そこでは、『サイドキック』と言われるロボット競技が流行していた。
中学生の頃、『サイドキック』のジュニア大会三位決定戦で、惜しくも入賞を逃し四位となった主人公・鮎見勇は、高校生になって『サイドキック』から身を引いていた。
この主人公、行動原理がよく分からないのだけど、華々しい高校デビューを飾ろうと次から次へと女の子に声をかけては無様にふられるという日常を繰り返していた。
『サイドキック』を諦めたら何故そんなことになるのか全くの不明なのだけど、高校デビューってそういうものなのだろうか?

そんな日々を送っていたある日、勇は知り合いである先輩に、いつも一人でいる桐生静華を紹介してもらう。
ふとしたことをきっかけに、静華と関わり始めた勇。
狼のように孤高でありながら、何かに対して真っ直ぐな彼女の姿勢に触れて、勇は徐々に中学の頃の熱い思いを取り戻し始める。
そして、チームを組んで『サイドキック』に挑戦しないかと、静華に声をかけるのである。

そんな感じで結構熱い物語だったりする。
勇のヘタレっぷりは見てて目に余るところがあるけど、いざというときは立ち上がって前に進もうとする気概も持ち合わせている。
静華や寿や雪音といった一癖も二癖もあるチームメンバーたちと時にぶつかりあいながら、少しづつ理解を深めていきチームが一つになっていく様は、読んでいて心の底で沸き立つ熱い何かを確かに感じた。

いろいろなことが中途半端で終わり、持ち越しにされた感じがあるけど、次巻が出るかは不明。
それにしても『サイドキック』は面白そう。一回やってみたい。


関連商品
キバセン! (ファミ通文庫)
六畳間の侵略者!?5 (HJ文庫)
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc5 (ファミ通文庫)
ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)
地球の切り札 (1)彼女は最終兵器になりました。 (角川スニーカー文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード