FC2ブログ

ベン・トー サバの味噌煮290円/アサウラ

私の家族3


今回も父の話。

以前話した通り、私の父は小学校の先生をしています。
小学校といえば、学期の始まりにクラス目標を決めたりしますよね。
父の勤務先の小学校も例外ではなく、クラスごとに目標を決めることになったらしいです。
父が担任を務めるクラス以外は、「みんな仲良く」や「給食を残さない」といったいかにも小学生らしい目標だったらしいです。
しかし、私の父のクラスの目標は・・・・・・

「一心不乱」

だったそうです。
そのころの父は、「一心不乱に生きろ」を口癖にしていたらしく、よく生徒の前で言っていたそうな。
クラス目標は、各教室の後ろ側の黒板に書いておくのが決まりらしく、当然父のクラスの後ろの黒板には「一心不乱」の文字が・・・・・・
参観日に来た親たちはそれを見て、よく自分の子供たちに「あれは何?」と聞いていたらしいです。

父よ・・・本当にあなたは何がしたかったのだ。

ちなみに、この話は、高校1年のころに同じクラスになったとある友人が、たまたま小学生のときに父に担任を受け持ってもらったために聞くことができた話です。


ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
アサウラ

集英社 2008-02
売り上げランキング : 6413

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「なぁ、佐藤」
先輩が言う。僕は彼女の顔を見る。
「お前にとって半額弁当はただ売れ残って古くなった弁当でしかないのか?」
先輩はその目元をわずかに綻ばせながら、昨夜と同じ質問をした。
僕は首を振る。そして、はっきりと言った。
――いいえ、と。



――あらすじ――
ビンボー高校生・佐藤洋はある日ふらりと入ったスーパーで、半額になった弁当を見つける。それに手を伸ばした瞬間、彼は嵐のような「何か」に巻き込まれ、気づいた時には床に倒れていた。そこは半額弁当をめぐり熾烈なバトルロワイヤルが繰り広げられる戦場だったのだ!その不可思議な戦いに魅せられた佐藤は、そこに居合わせていた同級生・白粉花とともに半額弁当の奪取を試みるが、突如現れた美女、「氷結の魔女」に完膚なきまでに叩きのめされる。そして、その美女が佐藤に告げた言葉は…。第5回大賞作家の新境地、庶民派学園シリアス・ギャグアクション、開幕。


――感想――
新感覚ギャグアクションライトノベル!!
こんな本は今まで読んだことないです。読んでいて不思議な気持ちになります。
「なんで俺はこの本を読んでいるんだ?」というどこか矛盾した気持ちになります。
そんな不可解な魅力がこの本にはあります。

物語の趣旨が半額弁当を争ってガチバトルをするということらしいのですが、読み始めたころは、たかが半額弁当のためになんでこんなに熱く戦っているんだ?なんでこんなにカッコよく描かれているんだ?とずっと疑問でした。
しかし、読み続けるにつれてそれは疑問ではなく、むしろ当然のことと捉えるようになってました。
どこまでもカッコよく、どこまでもくだらい「狼」たちの生きざまを見ていると、こちらまで理由もなく熱くなってしまいます。
勢い余って近所のスーパーに弁当を買いに行ったぐらいです。半額ではありませんでしたが・・・

ギャグのセンスにも光るものが見えます。
なんでしょう・・・
説明しにくいのですが、言葉が巧みというか不意を突くのが巧いというか、とにかくいろいろなところで吹いてしまいました。
面白いのは、名もなき登場人物たち(顎鬚や茶髪など)はカッコいいのに、名がある登場人物たち(石岡君や内本君)がくだらなさすぎるというとことですね。
彼ら、絶対に物語には必要ないですよねw
まあ、私は石岡君LOVEですけどww

槍水先輩もいいですよね。
あのクールキャラはたまらないです。
あれで、ときどきデレてくれると文句ないんですけどw
でも、あの後輩想いなところにグッときます。

兎にも角にも、いろんな意味でこの本には驚かされました。
もちろん次巻も購入します♪
次巻も半額弁当に命をかけるバカ野郎たちに期待です。
そして、石岡君と内本君に幸あれ。


関連商品
ベン・トー〈2〉ザンギ弁当295円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
ベン・トー〈3〉国産うなぎ弁当300円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
ベン・トー〈4〉花火ちらし寿司305円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
ベン・トー〈5〉北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
超自宅警備少女ちのり2 エクストリーム・エグザミネイション (GA文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード