FC2ブログ

彼女はつっこまれるのが好き!/サイトーマサト

美少女が先か、出会いが先か。


空から降ってきた少女は美少女だった。
隣の家に引っ越してきた少女は美少女だった。
転校生は美少女だった。
謎の組織に追われる少女は美少女だった。
朝起きたら隣で寝ていた少女は美少女だった。

漫画やアニメやラノベの世界には、こうした天文学的確率の上に成り立つ偶然の出来事が嘘のように頻繁に発生している。それはいい。
だがしかし、ここで一つの疑問が思い浮かぶ。
それは、「偶然出会ったのが美少女じゃなくてもいいのではないか」ということである。つまり、偶然出会った少女が「微少女」だっていいはずなのだ。「微少女」と出会う確率だって、「美少女」と出会う確率と同じ、むしろそれ以上ではないだろうか。
そこで私は一つ主張したい。

「偶然出会うから美少女なのではなく、美少女だから偶然出会うのではないか」と。

一つ例を挙げると、「名探偵」という生き物たちは、明らかに通常の人間より事件に巻き込まれる回数が多い。この世には、外を出歩くたびに事件を呼び起こす眼鏡な探偵少年だっているのだ。
しかしこれは、「事件を呼び寄せるから名探偵」なのだろうか。事件を呼び寄せるのが、「迷探偵」である可能性だって大いにあるはずだ。
つまり、「事件を呼び寄せるから名探偵なのではなく、名探偵だから事件を呼び寄せる」のである。
なぜ名探偵だと事件を呼び寄せるのか。それは、名探偵は事件を解決するからである。
小説の中で難事件を解決する存在はいつだって名探偵だったはずだ。謎解明の立役者は、なによりも先んじて名探偵だと決まっているのだ。事件よりも、名探偵が先なのだ。

話を戻そう。
美少女には、出会いを偶発的に起こす神秘的な力がある、と私は踏んでいる。
ではなぜ美少女だと偶然出会うのか。それは、美少女は物語を始めることができるからである。
セカイ系の壮大なファンタジーや、面白可笑しく日常を綴ったラブコメは、いつだって美少女と出会うことで始まっていたはずだ。美少女と出会わなければ、ファンタジーもラブコメも始まらないのだ。物語の指揮者は、なによりも先んじて美少女だと決まっているのだ。出会いよりも、美少女が先なのだ。



さて。
私が何故偉そうにこんな妄言をのたまっているのかというと、例えばテスト勉強の緊迫感に嫌気がさしたからだとか、例えばテスト勉強を断念した挙句、執筆を進めようとパソコンに向かっても文章が全く出てこなくて現実逃避をしたかったからでは、決してないことを努々理解されたし。



そして私は一体何をやっているのだろう。何でこんなことになってしまったのか。

どうか忘れてください。


彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! (電撃文庫)彼女(アイドル)はつっこまれるのが好き! (電撃文庫)
サイトー マサト 魚

アスキーメディアワークス 2010-07-10
売り上げランキング : 3032

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 公録の緊張はなくならないけど、相変わらずどうすればいいのかもわからないけど、ラジオをやることに関しての不安はなんだか軽くなった気がする。
 いや、確実に軽くなった。
 ちょっと批判されただけで落ちこんで、ちょっと応援されたからってやる気になって。僕って単純だな。でも、それだけ言葉っていうものには、力があるってことなんだろうか。



――あらすじ――
春の陽気に誘われてフラフラ街を歩いていたら、いきなり拉致されてしまった僕。えっ?なに?いやいやちょっとナニスルンデスカ!?…ふと我に返ると、なぜかラジオの収録スタジオに。呆然としていると、一人の美少女がスタジオに入ってきて―ま、まさか!憧れていた人気アイドル声優の音無まどかさんじゃないかっ…。えええええっ!!なし崩し的に、そのまま二人でラジオ収録に突入してしまうのだが…。果たして、僕の運命やいかにっ!?怒涛のハイテンポハイテンション・コメディ、ここに開幕っ。


――感想――
勉強中にラジオを流していると安心する私は、寂しがり屋なのだろうか?

イラスト買い。
最初タイトルを見たときは、何事ぞ!? と思春期顔負けの取り乱しぶりを披露したものだけど、そこは二十歳を迎え、TPOを嫌でも弁えなければならない大人な私である。「ボケ」と「突っ込み」の「つっこみ」だということは最初から分かっていた上に、一瞬たりとも不埒なことは考えなかったぞアピールを全面に押し出してレジまで赴いた私の冷静沈着を模した表情は、死後数時間経った死体を想起させるほど血の気が引いていて、店員をドン引きさせたことは言うまでもない。もちろん嘘だけど。

いわゆる王道のラブコメディ。
ラジオを題材に扱っているのは新しいかなーと思ったけど、まぁそれだけ。
安定していると言えば安定しているし、会話のテンポの良さにも清々しさを感じる。だが、それ以外は至って普通。何が面白いかと問われても、自身を持って答えられない。

それに、タイトルの割にボケと突っ込みが微妙で思わず苦笑を漏らしてしまった。
良人とまどかのやり取りは読んでいて楽しいが、ボケと突っ込みを一つのテーマとしているのなら、楽しいだけでは著者も読者も満足できないはずだ。だったら、これ以上を書いてみろと言われても困るのだけど。

とはいえ、つまらないわけでもないのは確かである。
後半からラストにかけての、良人とまどかの絡みや、良人のラジオに対する意識改革の場面には好感が持てる。
キャラもどこかで見たことのあるものばかりだけど、サバサバとした性格のまどかは可愛いし。

サブキャラをもう少し掘り下げてもらいたかったのと、何か心に残るものが欲しかった。それらは次巻に期待なのかな? 次巻を読むかは別問題として。

てか、タコ……。伏線張る意味わかんねー。


関連商品
隙間女(幅広) (電撃文庫)
多摩湖さんと黄鶏(かしわ)くん (電撃文庫)
ミネルヴァと智慧の樹―始原(ウロボロス) (電撃文庫)
めぐりあう鼓動―覚醒遺伝子 (電撃文庫)
ヴィークルエンド (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

バカwww
失礼、あまりの衝撃に本音がwww

もちろんのこと私はこの本読んでません。ラブコメ耐性つけなきゃなぁ~
あ、『はるかかなたの年代記』買いましたよ! ですが、同時期に発売した『テルミー』のほうに惹かれてしまったので、読了してから読もうと思ってます。

じゃああれですね。揚げパンが無性に食べたくなるのは美味しいからではなく、ダリアンが揚げパンを齧っているからなんですねよく分かりませんねすみませんでした。
Posted at 2010.07.25 (19:21) by ask (URL) | [編集]
つかボンさん、こんばんは。
勉強中とは、かなりカオスな空間なので何が起きても仕方ないと思いますよ。
私なんか知らない間にラノベ10冊以上読んでましたから…
マンガも30冊ぐらい大人買いしましたし…まぁ、ボツですね。

この作品のタイトルは、私もかなり気になってました。
なるほど、ボケとつっこみですか……別に、残念なわけじゃないですけどね。
ともあれ、ラブコメらしいので機会があったら読んでみたいですね。

Posted at 2010.07.26 (03:19) by じたま (URL) | [編集]
ちょっと気になってたんですよね、これw

うーん、評判は割りと普通な気もしますが、安定感があると思えばいいのかなー。

チャンスがあれば読んでみます!
Posted at 2010.07.26 (21:54) by ふぇにあ (URL) | [編集]
勉強つらいですよね~
シャモなんて勉強中気づいたら全裸でしたから
美少女が先ってのは同意できますね
そういえば、転校生もなぜか美少女多いですね

自分はこの作品の主人公とヒロインの絡みが
結構気に入ってます
しかし、タコ一体なんなんだ
Posted at 2010.07.26 (22:08) by シャモ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
askさん、コメントありがとうございます。

ありがたいお言葉ありがとうございます。askさんの一言で目が覚めましたw

無理に耐性をつけることはないと思いますけどね。特にラブコメは似たような内容の作品が腐るほどありますし、主人公もヒロインもどこかで見たことのあるようなキャラばかりでイマイチぱっとしませんし、言い方が悪いですが質の低いものもたくさんありますから。

『はるかかなた』買いましたか! オススメですのでぜひ読んでみてください。感想楽しみにしています。
『テルミー』も最初は買おうかと思ったのですが、金銭の関係上一度様子を見ました。
そういえばブログの方で感想上げてましたよね? なかなか好評のようなので買ってみようかな。

「美味しいから揚げパンを食べるのではなく、ダリアンが可愛いから食べる」
askさん理論ですねw

じたまさん、コメントありがとうございます。

確かにカオスですよね。頭の中がw

かなり気になっていたのなら、読んでみるのもいいかもしれません。つまらないわけではないですし、主人公とヒロインの絡みは楽しいですから。
「つっこみ」がアレな意味だったら、それはそれで問題ですけどねw

ふぇにあさん、コメントありがとうございます。

ラブコメとしての新鮮さはありませんが、安定感はありますよ。でも、数多くラブコメを読んできた方だと物足りなさを感じると思います。

機会があればぜひ読んでみてください。ふぇにあさんの感想も気になりますので。

シャモさん、コメントありがとうございます。

全裸w なんでそうなったw
いや、でも私は勉強してなくても常に全裸ですから!(なぜ対抗する!)
おぉ、同意してもらえますか! 勉強による知恵熱と睡魔の行軍に攻め立てられている頭で書き殴った内容でしたから、強化してもらえる方がいて安心しましたw

確かに主人公とヒロインの絡みは楽しいですよね。でも、それ以外に物足りなさを感じるんですよね。
タコは本当に意味不明です。
Posted at 2010.07.27 (01:04) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード