FC2ブログ

機巧少女は傷つかない3/海冬レイジ

あ、今日の分の雑記は↑です。


機巧少女は傷つかない3 Facing 機巧少女は傷つかない3 Facing "Elf Speeder" (MF文庫J)
海冬レイジ るろお

メディアファクトリー 2010-07-21
売り上げランキング : 150

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「おまえにはいつも面倒をかけて、悪いな」
「そんな……。夜々は雷真のそばにいられるだけで、幸せなんです」
「いつか、ちゃんと埋め合わせるからよ」
「雷真……それって」
 夜々は『きゅんっ♡』と音がするほど胸を鳴らして、
「夫婦の契りを結ぼうって意味……?」
「何でだ!」



――あらすじ――
機巧魔術―それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。そのトップを決める戦い“夜会”で負傷中の雷真は、飛び降りをはかった少女を偶然助ける。少女は“暴竜”シャルの妹・アンリで、学院転入後の一週間ずっと自殺未遂を繰り返しているらしい。「私を殺してください!それがダメなら、いっそめちゃくちゃにしてください!」「俺を何だと思ってんだ!」そのとき、学院のシンボル・時計塔を閃光が撃ち抜く。驚く雷真の前には、竜の背に乗るシャルの姿が。そしてシャルの目的は―学院長の暗殺!?シンフォニック学園バトルアクション第3弾。


――感想――
本編の感想に入る前に連絡を。
今秋発売予定のMF文庫J『機巧少女は傷つかない4』とMFコミックアライブシリーズ『機巧少女は傷つかない1』に、ドラマを含む豪華音声CD付きの特装版が発売されることが決定したらしい。
コミックまでに特典CDを付けるなんて商売が上手いなー。買うしかないじゃん。

ちなみにドラマのキャストは以下の通り。

雷真:下野紘
夜々:原田ひとみ
シャル:高本めぐみ
シグムント:中田譲治
フレイ:阿澄佳奈
ロキ:岡本信彦

個人的に雷真とフレイはちょっとイメージと違うんだけど、下野さんも阿澄さんも実力派の声優さんなので、きっとそつなく演じてくれると思う。中田さんのシグムントと岡本さんのロキはハマり役っぽいな。
それにしても刊行して間もないのにメディアミックスが随分と進行している。出版社側の推し具合が分かる。
この勢いだと、アニメ化もそう遠くはないはず。

以上、連絡でした。ここからは本編の感想。

今ではすっかりファンになってしまった『機巧少女シリーズ』待望の最新刊登場!
余談だけど、刊行間隔的に『機巧少女』と『はがない』は同月発売が多いので、二大シリーズということもあって私みたいに二倍得した気分になる人もいるんじゃないかな。

相変わらず面白さにブレが生じない、芯の通った作品だった。
今まで不遇な扱いを受け続けてきたシャルのターンがようやく回ってきたことに安堵の色を隠せない、と言えば少し大袈裟だけど、実際彼女のメイン回は首を長くして待っていた。下手をすれば物語終盤、最悪の場合回ってこないなんて危惧もしてたけど、いやーよかったよかった。

物語の始まりは前巻の直後から。
雷真の前から姿を消し、不穏な動きを見せるシャル。突然転入してきて、自殺未遂を繰り返すシャルの妹のアンリ。
序盤は話の内容が掴めず混乱。読み進めていくとなぜだかさらに分からなくなった。なんだこれ。
思うにページ数に問題があるんじゃなかろうか。全部で260P程度だし、物語は全て学院内で完結しているとはいえ、そこには様々な組織の思惑、今回初登場したセドリックのような個人の思想が所狭しと蠢いているのだから、それらの因果関係を明確にするためにはやはりもう少し紙幅がほしかったところだ。

それでも世界観に惹かれるのか、キャラどうしの掛け合いが面白いからなのかは定かではないけど、次の展開が楽しみで、期待を滲ませた指付きでページを捲ってしまうのはなぜだろう。
読者を飽きさせない立ち回り(ここでは筆回りと言うべきか)の巧さは、著者の力量に直結しているのだと思う。

謎が謎を呼び、枝分かれして矛先も所在も不明なまま物語は進行していく。幾重にも張り巡らされた伏線の、そのほとんどが回収されず終わりを迎えている。
しかしこういうのは嫌いではない。その分、今後の展開でどのように回収されるのか想像すると、楽しみが増幅するからだ。

ただ、シャルとアンリの事後処理が不十分だったのは些か残念ではある。なんだか強引にハッピーエンドを納得させられたような引きだったけど、結局この二人の問題はどうなったの?

とりあえず今回も、夜々はヤンデレてるし、シャルはツンデレてるし、ついでにロキもツンデレてるし、フレイはドジってるし、とにかく可愛いなコノヤロー。姉より一インチ大きい(乳房的な意味合いのものが)アンリは、姉とその一インチの差を利用した戦いを繰り広げてくれることでしょう。
雷真ハーレムは一体どこまで拡充していくのか。大丈夫、まだ温かい目で見守れるよ。

徐々に学院の闇が見えてきたり、<十三人>すら脅かす強敵が現れたりと賑やかになってきてますなー。
ただ、そろそろ夜会をメインに据えた話を書いてほしいというのは、ファンのちょっとしたお願い。

次巻も楽しみにしてます。特装版買います。



関連商品
まよチキ!4 (MF文庫J)
僕は友達が少ない 4 (MF文庫 J ひ 2-22)
ディーは人型魔装具です。 3 (MF文庫J)
カンピオーネ! 7 斉天大聖 (集英社スーパーダッシュ文庫)
おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その1 ごく個人的な世界の終わり
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

そろそろ雷真を後ろから刺したくなってきたシャモです
確かに今回は少し詰め込み過ぎなのでは?と感じました
ただやはり読ませ方が上手というか
続きが気になってどんどん読めてしまいますね
どんどん多くなるヒロインたちもちゃんと
キャラが立っていて、やはり面白かったです

アニメ化是非してほしいです
このラノベに動きがつくことを想像すると
わくわくが止まりません
Posted at 2010.07.29 (00:04) by シャモ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
シャモさん、コメントありがとうございます。

シャモさんダメですよ!
そんなことしたら夜々に粉砕されちゃいます!

シャモさんの言うとおり、この作者は読ませ方とキャラの立たせ方が上手いですよね。
毎巻違うヒロインを雷真が救うという構図が成り立っていますが、決して飽きることなく楽しめます。
でもそろそろ物語を動かすべきでは? なんて思ったりもしますけど。

私もアニメ化希望です。
夜々と雷真の絡みとか、戦闘シーンとか見てみたいです。
Posted at 2010.07.30 (00:52) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード