FC2ブログ

"文学少女”見習いの、初戀。/野村美月

8000HIT御礼!


あ り が と う ご ざ い ま す ! ! !

みなさんの厚い応援のおかげでこのブログも気づけば8000HIT。誠に多謝です。
毎回同じことの繰り返しになりますので短めに終わらせますが、私は今後も、訪問してくださるみなさんへの感謝の気持ち、そして初心を忘れずに可能な限りブログを続けていきますのでどうぞよろしくお願いします。

しかしあと2000HITで大台の10000HITなわけですが、実はこのままだと予定していたお礼企画が出来そうにないんですよね(汗)。おそらく私が新人賞用の執筆をしている間にHITしてしまいそうなんですよ。
本当に申し訳ないのですが、予定していた企画は出来ないかもしれません。ですが何かしらのお礼はさせてもらうつもりです。また小説公開などになるかもしれませんが、その辺は大目に見てもらえると嬉しいです。


あと、『このライトノベルがすごい!2011』のアンケートが昨日から始まりました。
良い機会ですのでアンケートサイトへのバナーを貼り付けておきました。少しはみ出して不格好ですが気にしない!
アンケートの締め切りは10月4日ですので、みなさん奮って投票しましょう!


“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫)
野村 美月 竹岡 美穂

エンターブレイン 2009-04-30
売り上げランキング : 15475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「ぼくは……なにも、見逃したくない……」
 わたしを見つめる目に、痛みのような、決意のような、切ない光が浮かぶ。その眼差しの深さに、息をのむ。
「気づかないふりも、関係ないと目をそらすことも、もうしないって誓ったんだ。真実を見つめることのできる人間になるって」



――あらすじ――
文学初心者の少女が綴る、もうひとつの“文学少女”の物語!
聖条学園に入学した日坂菜乃は、ひとりの上級生と出会う。文芸部部長、井上心葉。遠い人を想い時折切ない目をする彼に、強く惹かれる菜乃だったが、まるで相手にされず、落ち込む日々を過ごしていた。けれど、菜乃がある事件に巻き込まれ、追い詰められたとき、心葉は告げる。「気づかないふりも、目をそらすことも、もうしないって誓ったんだ」――彼とともに、菜乃は、物語に隠された真実を探し動き出す……! もうひとつの“文学少女”の物語、ここに開幕!!


――感想――
菜乃みたいな後輩……いいね!

遠子先輩の卒業。そして三年生になった心葉くんたち。
その姿が別の視点から描かれる"文学少女”シリーズ外伝。

やっぱりこれだよ。短編集も良いけど、この感動こそが文学少女の本質。
菜乃いいね。すごく可愛い。文学少女を目指そうとして絡まってる姿が愛らしい。
遠子先輩不在は若干の不安だったけれども、杞憂に終わったみたい。むしろ遠子先輩がいないからこそ、その影を追うとする心葉くんや、遠子先輩に成りきろうとする菜乃、すべての事情を知っているからこそ必要以上に踏み出しきれない琴吹さんなど、哀愁漂いながらもしんみりとくる味わい深さがあったように感じる。
出来ればもっと琴吹さんの出番を増やしてほしかったんだけどね! 大人っぽい琴吹さん堪りません。

今回の題材は『曽根崎心中』。
全部読んだことはないけど、粗方の内容は知ってる。菜乃が無理して曽根崎心中を語ってるところには思わずクスッとしてしまう。
でも毎回そうだけど、このシリーズを読むと既知の作品でも新たな見方の発見が出来るから面白い。
私も曽根崎心中は心中の美しさを説いたものだと思ってた。近松が死は忌むべきものだと説いてたことまで想像が行き渡らなかったし、それを踏まえて改めて作品に触れてみると、とても優しさ溢れる物語に様変わりすることに驚かされる。
菜乃はまだまだ遠子先輩みたいな文学少女にはなれないけど、菜乃なりの感性で近松の想いを語る場面は遠子先輩を彷彿とさせる。
それはたぶん、遠子先輩が心葉くんに教え続けてきたこと。物語は読む人によって幾通りもの解釈が生まれる。新たな読み方一つで、物語は優しくなれるんだよね。
見習いであるはずの菜乃に遠子先輩の面影がちらついて、心葉くんもたじたじのご様子です。

でも今回の一番の見どころは菜乃視点で描かれる心葉くんかなーと思う。
今まで心葉くん視点だったからもちろん新鮮ではあるんだけど、こんなにも可愛いやつだとは思わなかった。
出会った当初の菜乃に対する心葉は相変わらず仮面被ってんなーって印象。でも菜乃が暴走し始めてからは心葉くんも素が出て、対応が遠子先輩に対する時と同じになってたりしてニヤニヤ。

ただ単身麻貴先輩のところに乗り込んで行った菜乃に、心葉くんがかけた言葉は痺れる。心葉くんがこの言葉を言うことに意味があるんだよね。
心葉くんの成長ぶりが嬉しいような悲しいような。ヘタレな心葉くんが見られないとなると、ね。
でも遠子先輩の意志をしっかり受け継いでる姿はほんのりとした温かさをくれる。すごく魅力的なキャラになっています。ツンデレ最強説は男にも通用するのだー。

ところどころ本編を想起させる描写が含まれていてファンには嬉しいシリーズ。
菜乃の成長も気になるし、早く次巻が読みたいですな。



関連商品
“文学少女”と恋する挿話集 2 (ファミ通文庫)
“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)
“文学少女”見習いの、傷心。 (ファミ通文庫)
“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫)
“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

8000HITおめでとうございます

つかボンさん新人賞頑張ってください
今回、シャモは新人賞出せそうにないのですが・・・

投票始まってたのですか知りませんでした
このライトノベルがすごいには今年も電波女を推します
後はフルメタとか新作には煉獄姫、スノウピー
に投票してみたいと思います
Posted at 2010.09.02 (23:51) by シャモ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
シャモさん、コメントありがとうございます。

> 8000HITおめでとうございます
ありがとうございます! シャモさんもいつも訪問してくださってありがとうございます。

新人賞頑張らせていただきます。
とりあえず今の自分がどれほどの実力をもっているのか知るつもりで、応募してみようと思います。一次選考を通って選評をいただければ万々歳です。
シャモさんは今回残念ですが、シャモさんの分まで張りきって応募させてもらいますね。
シャモさんもいずれ、選考の場で相見えましょうぞ。

このラノアンケートは、今回はみーまー推しでいこうと思います。
コミカライズ、映画化と以前に比べれば知名度も格段に上がってると思いますので、もしかしたらという期待をもっています。
新作で空パンもしくはココロコネクト。あと常連組として文学少女を推そうと思います。
自分の選んだ作品がランキングに入るといいですね。
Posted at 2010.09.04 (12:31) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード