FC2ブログ

電波女と青春男6/入間人間

創刊!


今日は待ちに待ったこのラノ文庫の刊行日! 結局フラゲは敵わず、公式の発売日に従って購入しました。
まぁ、そんなことは今更どうでもいいっす! 手に入れることが出来たことが何よりもの至福。
↓とりあえず写真も撮ってみたよ。

20100910190027a.jpg

ちなみにまだシュリンクから出してないのもある。
あと特典の特製しおりもそれぞれ一枚ずつ手に入れました。大変満足で私は現在ほくほくしているのです。
愛しの財布ちゃんも自分が何のために生まれてきたのか理解したらしく、快く紐を緩めてくれました。そう、このために生まれてきたんだよ、きみは。

内容が気になる人もいるだろうし、近々読んで随時感想を挙げていきますねー。


電波女と青春男 6 (電撃文庫 い 9-17)電波女と青春男 6 (電撃文庫 い 9-17)
入間 人間

アスキー・メディアワークス 2010-09-10
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「見てて、イトコ」
「……おし。青春女に、なってこい」



――あらすじ――
青春ポイントのボーナスステージで、ついにエリオは「せーしゅん女」になる。
どもども丹羽真です。えー、俺は今、青春ポイントが浮遊しまくる魅惑のボーナスステージに立っているのだった……! そう。本日は我が母校の文化祭なのである。今年は『引力』をテーマとしているらしく、生徒も一般入場者も、全員その小指にはカラフルな糸がぷらぷら結ばれている。なんでも、同じ種類の糸を巻いている人を発見して結び合えば、『運命という引力で引き寄せられた者』同士ということで、めでたく文化祭のメインイベントである体育館ライブコンサートにアリーナ席で参加出来るらしい。さて。俺はその『引力』とやらでどんな相手を引き寄せるんだろうねぇ。
ふと気づけば、見慣れた水色の粒子があたりをキラキラ散乱していた。
この晴れ舞台で、ついにエリオは「せーしゅん女」になる。


――感想――
だよねだよねー! リュウコさんやっちゅーになんだよね!
……ちょっと気に入った。

さてさて、青春時代に読んでれば「俺、青春謳歌してたぜ」と胸を張って言えそうになる、もとい勘違いしそうになる青春小説の代名詞、電波女と青春男の最新刊ですぞー。

余談だけど今月の電撃の新刊買ったとき、フェアとかなんかで特製クリアしおりもらちゃった。しかも著者のサイン入りで、6巻の表紙エリオに入間先生のサインが! きゃー。なんかもう金庫とかに保管しておきたい。

電マガの短編がアレだったからそこまで期待してなかったけど、見事にしてやられたねー。
2巻の感動が蘇った。
正直、途中まではいろいろ不安要素が多くてヒヤヒヤだったんだよ。崖の裾をけんけんで歩いてるみたいな。目隠しで綱渡りしてるみたいな。いつ転げ落ちてもおかしくなかった。
でも絶妙なバランス感と言いますか、エンターテイナーとしても入間先生はパフォーマンスを魅せてくれるなと。
本当に今回はいいものを読ませてもらった。

めくるめく青春の嵐。前巻以降、もはや青春ポイントのバーゲンセールみたいに丹羽くんの青春ポイントがインフレ起こしてんだけど、でも丹羽くん! ラブコメ主人公には仕方ないことだけど、もっと相手の気持ちも考えようよ! 前川さんが! 前川さんがああぁぁぁ! あまりの天然っぷりにちょっとムッとしてしまった。

ま、それはいいとして。
今回の前川さんは、立ち振る舞いもイラストもいつにもまして素敵だった。特に扉絵と最初の挿絵がグッド! こう、斜めから覗きこんでくる感じがねっ。
なんで彼女に言いよる異性がいないのか分かんない。いやたぶん、謎な魅力が前川さんの魅力なんだろうな。

丁度いいのでヒロインsの話。
なんか途中まで真に魅力がある女性キャラが、前川さんと女々さんと田村さん(田村さんもヒロインだよね? ババロインみたいな)だけで、それ以外のヒロインはただ可愛いだけになってた印象を受けた。
でもそれぞれの後半の盛り返しが素晴らしかったです。
特にやっちゅーにさんは卑怯だよ。「友達と、一緒にいるよ」とか、ね。うわー、リューシさん熱再発だよ。
あたしっは、元気ー。

そういえば気になってたとりたまコンビだけど、ちゃっかりイラスト化までされて、本編にもモロ出てます。
これもネタばれの範疇だけど、これぐらいならいいよね。
イラスト化は別にしなくてよかったんだけどなー、とか思う。さすがに違和感は抜けないなーって。特に黄鶏くん。
でも、やっぱ二人の絡みは面白かった。丹羽くんの反応も予想通りだったし。
なんだよ入れ替わるトランプって。恥ずかしがる黄鶏くんに胸キュンです。
あと新キャラも出るよ。

あ、今更だけど今回はオールスターです。
二条オワリ! アンタこんなとこでなにやってんだ! ってちょっと笑っちゃった。犬連れてるし。
まぁ、このオールスター状態が一番不安要素だったんだよね。文化祭だし、引力がテーマだからいいのかもしれんが、あの感動と余韻はどこいったんだよー! って嘆きたくなるほどホイホイ出てくんだもん。
でも最後にはきっちり纏めて、あぁオールスターもこれはこれで悪くないなぁって思えた。
そして紫の浴衣! 紫の浴衣! 紫の浴衣!
この言葉を見た瞬間テンション最高潮。思わず「あばばばばばばばばばば」とか言いそうになった。
よかったよかった、元気してたんだね。相変わらず浴衣とピアノはアンマッチだよ。そこに惚れます。

そしてこのテンションを維持しつつ感動の文化祭フィナーレへ向かっていくわけです。
ここからの展開はすべてが素晴らしい。ついにエリオが青春女に成長進化するのです。
あらゆる人の気持ちが引力に導かれ一つに収束していく。その過程が本当に胸に響く。
鰻登り状態な青春ポイントにどんなオチつけるつもりなのかと思ったら……なんだよこの使い方。ヒキョーすぎる。グッ、ときてうるっ、だった。
黒幕と丹羽くんの会話がまたなぁ。「ゼロ以外にしてあげてください」って、もう青春男なんだか父親役なんだか分からなくなってきてるけど、やっぱ主人公だなって思わせる向き合い方だったよね。

ところで最後には壮大なオチが待っているのですが、まぁそれは読んでからのお楽しみで。
メアリーさんパないっす。あと文化祭実行委員長って誰なんだろうなぁ。いつか登場してほしい。

あと、あらすじの話。
なんかあらすじに全部持っていかれてない? いやいや、さすがにそんなことはないんだけど、この斬新すぎるあらすじには虚を突かれたなー。個人的には小説っぽいものの続きも読みたかったけど、これはこれでGJ!
残念ながら私は入間人間じゃなかったけどね。
でもドイツ語専修とか、ところどころ共通点が見つかっただけでも嬉しかった。
森崎君が一番印象的だったなー。だって、森崎君がネオサイクロンキャッチできるんだぜ? 驚きだよ。
森崎、一歩も動けずー!

しかしあれだなー。このラノ2011のBEST10のランクインは微妙と思ってたけど、この巻で完全にランクインフラグ立っちゃったんじゃない?
それと、なんとなくアニメ化するならこの6巻までな気がする。
物語としても丁度いい具合に区切りがついてるし、『第一部完』とか書かれてても違和感ないレベル。それにここまでにしたらほら、二条オワリが壇上で歌うシーンをEDに使えるじゃん。
でもそうすると確実に2クールになっちゃうよね。なんにしても長く続けすぎちゃうと、必ずどっかで綻びが出るからなー。

今回も感情の垂れ流しで整合性とかまったくないけど、みんな気にしないでね。
私の頭は『ウィーゲートエスイーネン』。
ヴィーゲートエスイーネン? ダンケグッドゥ。



関連商品
ゴールデンタイム 1 (電撃文庫 た 20-16)
C3-シーキューブ 10 (電撃文庫 み 7-18)
狼と香辛料XV 太陽の金貨<上> (電撃文庫)
花×華 2 (電撃文庫 い 5-26)
境界線上のホライゾン 3下 (電撃文庫 か 5-36 GENESISシリーズ)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

電波女と青春男もレビュー早いですね
ちなみに私は明日買うつもりです
それにしても、著者の特製クリアしおりとは
うらやましいですね~
自分もゲットしてぜひ家宝にしたいです

このラノ文庫全部集めたのですがすごいですね
主に財布の紐が
自分もちょこっと読んだのですが
暴走少女と妄想少年が一番シャモには合っていました

レーベル刊行第一弾と言うこともあり
ジャンルはバラバラで色々な可能性がありそうです
今度の新人賞がんばってください
シャモもいずれは応募したいとおもってます
Posted at 2010.09.10 (23:14) by シャモ (URL) | [編集]
つかボンさん、こんばんは。
ちょっ!特製クリアしおり羨ましいんです!私も欲しいなぁ~
電波女と青春男6巻、私も読みましたよ~
前川さん、素晴らしい!!
今回一番ヒロインしていましたね。ここまで、やれる子だとは正直思ってませんでしたよw
今回は、祭りらしくラストのオールースターっぷりはよかったですね。
その中で頑張るエリオ…見事な青春っぷりです。
入間先生はあとがきまで面白いから、困るんだよな~w
Posted at 2010.09.11 (14:57) by じたま (URL) | [編集]
こんばんは。
私も全部買いました~。
いつ読めるかわからないんですが・・・

電波女は、一応6巻まで買ってあるのですが、
3巻までしか読んでない・・・
Posted at 2010.09.11 (22:48) by naomatrix (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
シャモさん、コメントありがとうございます。

クリアしおり素晴らしいですよ。
素材もただの紙ではなく豪勢仕様でした。もう手に入れられましたかね。

もち全冊ゲッチュですよ。
この日のために8月いっぱいを生きてたようなものですからw
暴想少女は一番初めに読む予定なので、後々感想も書きますので参考にどうぞ。

私はその可能性に賭けてますから。……と言っても、生涯初の応募ですからね。自分が今どれほどの力があるのか挑戦する気持ちで投稿します。
シャモさんも頑張ってくださいね。私は一足早く世界の厳しさを味わってきます。

じたまさん、コメントありがとうございます。

特製クリアしおりやヴぁいです! 入間先生のサイン入りとかきゃー!
最近の前川さんの破壊力はとてつもないですよね。
リューシさんが甘い青春担当なら、前川さんは酸っぱい青春担当。あの一歩引いた感じが切なくてなんとも。

オールスターは不安予想でしたが、綺麗に纏めてくれてました。さすが我らが入間先生。
でも星中と吉野が若干いらない子になってたのがなー、と少し残念でした。
でもラストのエリオを見てるとそんな不満も全部吹き飛んじゃいましたけどね。
あとがきから何まで大変満足な一冊でした。

naomatrixさん、コメントありがとうございます。

ここにも同志がw
私もいつ読み切れるか分かりませんが、とりあえず明日から暴想少女を読もうと思います。

6巻まで頑張って!
自分のペースで、噛みしめるように1巻ずつ読んでいってください。
感想も楽しみにしてますよ。
Posted at 2010.09.12 (01:03) by つかボン (URL) | [編集]
初めまして~こんばんわ!
茶ネコと申します。
私もつかボンさんに触発されてこのラノ全巻買っちゃいました。
今のところランダムに読み始めてるんですが、マウスがツボ過ぎて困ってます(ノω`*)
おもしろい小説紹介していただいてありがとうございました。
これからも参考にさせていただきます~
Posted at 2010.09.13 (19:02) by 茶ネコ (URL) | [編集]
ようやく世間が前川さんを見直し始めたようですね。私はもちろん1巻から叫んでおります。

前川さん好きな私には堪らない巻となりました。おや?3、5巻のときも言った気がするが……。まぁいいや。
視点変更による効果はもう絶大で、死ねそうです。そのままリュウシ食っちまえ~!!

二条オチに賛成です。これ以上綺麗にオチるところがあと2巻しか見当たらない。でも女々さんがラストって…w
個人的願望を言うなら、ぜひとも伝説のマリオカート決戦は入れてほしいです。『こうやって遊んでると楽しいかな、転校生』とか言われた日には…。
Posted at 2010.09.13 (21:41) by ask (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
茶ネコさん、コメントありがとうございます。

初めまして。訪問していただきありがとうございます。
茶ネコさんも全巻お買いになりましたか! また同志が増えましたなー。
マウスは私も今読んでいますが、期待通りの面白さです。公式サイトの立ち読みの時点から楽しみにしてた甲斐がありました。
喜んでいただけたのなら、紹介した側としても冥利に尽きます。
これからもどんどん感想書いていきますので、どうぞ参考にしてみてください。
茶ネコさんが素晴らしい一冊に出会えることを祈っています。

askさん、コメントありがとうございます。

前川さんは本当に巻を増加に比例して魅力がアップしていきますよね。5、6巻でハートを打ち抜かれた人も多いはず。
askさんの先見の明に狂いはなかったようですね。
私は電波ヒロインの中で特別誰が好きというのはないですが、前川さんと女々さんは別枠ですね。可愛いとかじゃなくて、一人の女性としての器量の深さに惚れ惚れとしてしまいます。

視点変更でそれぞれの内面が見れるのはいいですが、最近入間先生はちょっと群像劇に凝り過ぎかなーとも思います。もちろん入間先生の群像劇は好きなのですが、あまり好物ばかり食べてたらそのありがたみが失われるというか。たまにでいいんですよ、たまにで。それこそMW文庫やハードカバーのときぐらいで。

6巻区切りはかなり可能性高いと思いますね。てか、入間先生もちょっと意識してる気がしますし。
入間作品は地の文の割合がかなり大きいので、一冊終わらせるのに4話ぐらいで事足りそうですから、まぁ例え1クールでも3巻は行くと思いますよ。6巻までいかないなら過去キャラ出す必要もないですしね。
とりあえず前川さんの魅力が発揮されるところまではいってほしい。じゃないとやっちゅーにさんに全部持ってかれちゃうw
Posted at 2010.09.13 (22:20) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード