FC2ブログ

さよならピアノソナタ/杉井光

私の人生はよく沈没寸前のタイタニックと例えられます。冗談が過ぎるよマイファミリー。


人生っていろんな点で野球に似てるね…われわれはみんなプレイすべきポジションをもってる…たくさんヒットも打つし、たくさんエラーもする
                      ――チャーリー・ブラウン


スヌーピー関連でもう一個名言挙げてみました。
エラーはしょっちゅうだけど、私が人生のヒットを打つのはいつなんだろうね。


さよならピアノソナタ (電撃文庫)さよならピアノソナタ (電撃文庫)
杉井 光 植田 亮

メディアワークス 2007-11
売り上げランキング : 23680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「うん。じゃあ、裏で寝ている店長を起こして、スタジオの鍵を借りてくるよ」
 先輩はぼくに目を移した。手の指でピストルをつくって、ぼくの胸をばあんと撃つ真似。
「少年、火をつけてあげよう」



――あらすじ――
「六月になったら、わたしは消えるから」転校生にしてピアノの天才・真冬は言い放った。彼女は人を寄せつけずピアノも弾かず、空き教室にこもってエレキギターの超速弾きばかりするようになる。そんな真冬に憤慨する男子が一人。大音量でCDを聴くためにその教室を無断使用していたナオは、ベースで真冬を“ぶっとばす”ことにより、占拠された教室の奪還をめざす。民俗音楽研究部なる部活の創設を目論む自称革命家の先輩・神楽坂響子とナオの幼なじみ・千晶も絡みつつ、ナオと真冬の関係は接近していくが、真冬には隠された秘密があって―。恋と革命と音楽が織りなすボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。


――感想――
万が一バンドするならドラムがいいな。
昔、獅子舞の小太鼓役とかしてたし。え、関係ない?

杉井先生がさらに好きになるシリーズ。
思春期らしく生き方やあり方や考え方で悩む高校生たちが、音楽を通して心をぶつけ合い、寄せ合い、支え合っていく青春物語。

そういえばこのシリーズって、電撃文庫での杉井先生のシリーズ作品としては3シリーズ目なんだね。
1シリーズ目はもちろんデビュー作の『火目の巫女』で、実は2シリーズ目は『神様のメモ帳』。神メモは年に一冊しか出さないから3シリーズ目だと勘違いしてた。

私はバンドは聴く側で、自らやろうとは思わないし、ロックもクラシックもあまり聴かないから話のネタにはほとんどついていけなかったけど、それでも私のような読者を突き放さない、むしろ本編内で紹介されたロッカーや音楽に触れたいと思わせる構成力に表現力、そしてすべてを包み込むような優しさという名の包容力がストレートに感じられる一冊だった。杉井先生の魅力が丸々注ぎこまれている。

その受け皿となっている魅力的な登場人物たちにも注目。
ある秘密を抱え、それゆえに他者を排除し続けるうら若き天才ピアニストの真冬。
真冬を見てると、人は一人では生きられないのに、それでも他を頼ることの出来ない切なさを訴えかけられてる気分になる。だれかが無理矢理にでも間を遮る心の壁を乗り越えていかないと、あっさりと折れてしまいそうな脆さ。素直に助けも求められないなんて辛すぎるよなー。

正直登場人物たちはどこかで見たことのあるようなテンプレではあるんだけど、それ以上に心理描写の点で既存のキャラとは一線を画してるかなーって思う。
杉井先生の描くキャラたちって、みんな透明なんだよね。心が透けて見える。それが良いことか悪いことかは読む人次第だけど、感情移入のしやすさは他作品の中でも群を抜いてると思う。
それに透明だから、自分なりの色に染めれるというのも一つの特徴かなって思う。透けて見えるからって言って、絶対的な正解があるわけではなく、読む人、読み方一つで解釈の仕方が変わってくるって感じ。
杉井先生ってこういった柔軟性をキャラに取り入れるのが本当に上手いよ。

まぁ、実はあまりに眠くて正直何書いてんのか自分でもめちゃくちゃなんだけど、とりあえずヒロイン3人が可愛くて、特に真冬が小動物的で愛らしいってことが分かってれば問題ないかな、なんて台無しなことを言ってみる。

淡くも力強い、読む人にほんのちょっぴりの勇気をくれる綺麗な青春小説でした。次巻にも期待です。


関連商品
さよならピアノソナタ〈2〉 (電撃文庫)
さよならピアノソナタ〈3〉 (電撃文庫)
さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)
さよならピアノソナタ―encore pieces (電撃文庫)
神様のメモ帳 (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード