FC2ブログ

伝説兄妹!/おかもと(仮)

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘』連載第二回


今まで幾度となく忙しい忙しいと言ってきたけど、今の忙しさは半端ない……!
私は現在、大学に入って初めて迎える本当の忙しさというものを味わっています。やるべきことと、やりたいことが日常の中に溢れかえっている。何から手をつければいいのか分からない状態が続いて、あたふたとしております。
なので今日は前置きも感想も短めで。


今月のヤングエース読みました。
気になるみーまーの連載第二回なんだけど、うーん。
これは原作未読者に楽しんでもらうべきものなんじゃないかなって思う。既読者は読まないほうがいいかも、なんて。それは言いすぎかな。「オリジナル展開どんと来いだぜ!」みたいな人は大丈夫だろうけど、そうじゃない人は努々注意されたし。

私としては、至る所に改変が成されていて多少なりともふままままんは抱えているけど、そもそも初めから別物として読んでいるのでまだ受け入れられるレベル。
ここから、原作にはない新しい何かを生み出そうとしているのなら、それはそれでいいと思う。

あと、やっぱイラストがいいよ。雰囲気はマッチしてるんだけどなぁ。
金子ェ……。


伝説兄妹! (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)伝説兄妹! (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
おかもと(仮) YAZA

宝島社 2010-09-10
売り上げランキング : 117128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『あ し た は み ん な し あ わ せ に な る ぜ ー』



――あらすじ――
才能はなく、お金もなく、だが働きたくない。ないない尽くしのダメ大学生・柏木は、食糧を求めて入り込んだ山の中で、奇妙な遺跡を発見する。遺跡の中で出会った少女が持つ、凄まじい詩の才能を目の当たりにした彼は、彼女をデシ子と名づけ、妹として自分の家に住まわせ始める。彼女の詩を自分のものとして売りさばくことで、一躍大金持ちとなる柏木だったが…!?伝説的スケールで贈る、笑いと涙と感動の神話。


――感想――
第1回『このライトノベルがすごい!』大賞特別賞受賞作。
このラノ四冊目です。すぐ全部読み終えるつもりが随分時間かかってんなー。まだランジーンも残ってんのに。

それは置いといて。

なかなか面白かったよ。
5冊の中でもそれなりに期待してた作品なんだけど、普通に期待どおりかな。特別ガッカリすることはなかった。
主人公のダメっぷりに辟易とする読者も多数いるみたいだけど、私はダメ主人公好きです。というより、ダメ男が主人公の話が好きです。
だってそういう話って、十中八九主人公の成長物語になるから。
例えば神メモのナルミとか、おお振りの三橋君とか。
二人ともこの主人公とは大分別ベクトルというか、一緒にすると失礼な気がしないでもないけど。

とにかく主人公が成長する姿は、どんな形であれ見ていて気持ちがいい。自分も一緒に成長できたような、不思議な達成感を得られる。
特に今回の話ではそれが顕著だと思う。
主人公の柏木のダメさが非常に現実的で、ベタといえばベタだけど、だからこそ身近に感じられる。大学生じゃなくたって、誰もが一度はお金に困ったことがあるはずだ。私なんてしょっちゅうだし、柏木のように友人にお金を借りたことだってある。
そりゃ当然お金は大事だよ。お金がすべてじゃないけど、あって困ることなんてないんだから、いくらあったって欲しいよ。

けれど、柏木のダメさはそんな普通の程度には収まり切らない。本当にうんざりするほど、人間の底辺とも呼べるようなダメっぷりなのだ。
だがそんな柏木がある日、偶然見つけた山中の遺跡で、身寄りも記憶もない一人の少女と出会う。その出会いから、柏木は少しずつ変わっていく。

最初こそデシ子の才能を利用するようなあくどさを見せるものの、次第に真に大切なものに気づいていく様子は、あまりにベタで小っ恥ずかしいけど、直球勝負な素直な感動を呼びこんでくれる。
ダメだからこそ、不完全だからこそ、人間臭くてあったかいんだよなぁ。

文章力云々は正直アレだけど、代わりに読みやすさは保障。あと、親近感の湧く人物描写も、私としては評価したいポイント。

若干ラノベの枠からは逸れてる感じがするけど、色んな意味で「このライトノベルがすごい!」一冊でした。


関連商品
暴走少女と妄想少年 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
僕たちは監視されている (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
ランジーン×コード (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
小さな魔女と空飛ぶ狐 (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

このラノ文庫に手がつけられるだけマシですよ。
私なんて発売日に受賞作全て買ったのに、1冊も読めていません(笑)
作品レビューが好印象のようなので、期待。

なにはともあれ、
10000ヒットおめでとうございます!!!!!
Posted at 2010.10.08 (00:39) by naomatrix (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
naomatrixさん、コメントありがとうございます。

私も積読本の山に無理矢理ねじ込んで読んでますから。おかげで、一ヶ月以上前に読む予定リストに加えて、いまだに読めてない作品がたくさんあります(泣)。
それでも、やっぱりこのラノが読めたことは幸せですね。naomatrixさんが早く読めることを祈っています。

> なにはともあれ、
> 10000ヒットおめでとうございます!!!!!
ありがとうございます!!
ついに私もやりました! ここまで続けてこれて、ようやく自分によくやったと言えそうです。
Posted at 2010.10.09 (20:02) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード