FC2ブログ

空色パンデミック1/本田誠

絶体絶命のピンチ!!


今日、電車で街まで買い物に出かけました。
1時間ほどブラブラして目的のものを買うことができました。
とても気分がよく、そろそろ帰宅しようと思い駅に向かいました。
ちなみに、私は基本的にICカードを使っていて切符はほとんど買いません。
その時もICカードを使って改札を通りました。
電車に乗ること15分ほどで自宅の最寄り駅に到着します。
改札を通ろうと思いいつものようにICカードをかざしました。
すると、突然改札が「ブー」という機械音をならし閉まりました。
唖然とする私。
原因はすぐに判明しました。というより、この場合原因は一つしかありません。
ICカードの残額が足りなかったのです。
ひとまず後ろの人に謝り、ICカードをチャージし直しに向かいます。
しかし、それで悲劇は終わりません。
チャージ機の前で財布を開いた私をさらなる驚愕の事実が襲います。

「金がない・・・」

街で気分揚々と買い物をした私の財布には、なんと残金108円!電車代は170円!
そもそも、チャージは最低でも1000円札がなければできません!

「どうしよう・・・・・・駅に閉じ込められた・・・」

結果から言うと、私は無事駅から出ることができました。
どうやって出たかというと、わざわざ説明するまでもなく考えたらすぐ分かることではありますが、友人に電話をしてお金を持ってきてもらいましたww
なんとも陳腐なことだとお思いの方もいることでしょうが、私にとってはこの体験が九死に一生スペシャルものでした。


空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
本田 誠

エンターブレイン 2010-01-30
売り上げランキング : 1681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「そうだね。親しい人間って言い方にはちょっと語弊があったかもしれない。正確には患者が好意を抱く人間なんだ」
「よけい分からなくなったよ。僕とあの人はそれまで一言も口を聞いたことがないんだ。彼女が僕に好意を持つ理由なんてない」
青井は朗らかに笑うと、
「馬鹿だなぁ、一目惚れって言葉があるじゃないか」
と言って、僕の胸を指先で小突いた。



――あらすじ――
「見つけたわよ、ジャスティスの仇!!」「…はい?」高校受験の朝、駅のホームで僕はその少女と出逢った。彼女―結衣さんは“空想病”。発作を起こすと正義の使者とかになりきってしまうらしい。以後なぜか結衣さんは何かにつけ僕の前に現れる。空騒ぎに付き合ってられない。最初はそう思っていた。彼女を守るため世界を敵にまわして戦うことになるなんて、思いもしなかった―。えんため大賞優秀賞受賞、狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」。


――感想――
第11回えんため大賞優秀賞受賞作品。
イラストがとても綺麗ですね。タイトルに合ったイラストだと思います。
評価は賛否両論といった感じらしいですが、私は賞に見合う作品だと思いました。
素直に言えば、とても面白い作品だと言えるでしょう。

まず、アイディアが素敵です。
「空想病」という聞き慣れない言葉が目につきますが、これは、自分の思い描いた空想を現実世界に反映させてしまうという病です。
これだけでもかなりワクワクしますが、この「空想病」にはいろいろなタイプがあり、それによって現実への反映力が変わったりします。
その他にもたくさんの専門用語が出てきますが、その度に分かりやすい説明がなされるので物語に置いていかれることはありません。
さらに、この作品は「セカイ系」という言葉を一つのキーワードとしています。
いわゆる、「一人の人間をとるか、セカイをとるか」というやつですね。
男なら一度は憧れたことがあるシチュエーションでしょう。
これらのキーワードが物語を美しく彩り、とても爽やかな印象を与えてくれます。

ただ、新人のためか、登場人物の感情表現が少々雑です。
もっと驚いてもいいはずの場面でもほとんで驚いていないので妙な違和感を感じますし、感動の場面でもあまり同情できません。
また、後半部分の展開が早足になりすぎていて、あっという間に物語が進んでしまうのであまり物語に入り込めませんでした。そのため、ラストのオチも何か腑に落ちない感じ。
1巻に要素を詰め込みすぎたきらいがありますね。
どうせシリーズ化するならもっと段階を踏んだ方が良かったのでは?
これらの理由から、この作品がどこか安っぽく感じてしまうのが非常に残念です。

とまあ、見る目の全くない私が出すぎたこと言ってしまいましたが、先にも述べたように、せっかくアイディアは素晴らしいのにもったいないですね。
そういった技術面の問題を無しにすれば万人受ウケする作品であることには間違いないですし。
しかし、逆に言えば、新人の分、成長する余地はまだまだあるはずです。
今後の成長次第ではもっと面白くなる作品だと思うので、次巻に期待です!


関連商品
ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる (ファミ通文庫)
ダブルアクセス (MF文庫J)
幕末魔法士―Mage Revolution (電撃文庫)
ご主人さん&メイドさま―父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空色パンデミック1
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)(2010/01/30)本田誠商品詳細を見る ◆基本データ 著者:本田誠 イラスト:庭 出版:ファミ通文庫 初版:2010/1/...
Posted at 2010.03.05 (22:10) by サイとはいかが?

Leave a comment

Private :

Comments

コメントありがとうございました。
 コメ返しに参りました。
 私はけっこう絶賛しました。
 粗と言えば粗かもしれない、その部分はまだ予想の範囲内という感じです。
 でも、すごい新人を発掘したファミ通は安泰かな、なんて思ってます。
 2011年のこのラノで10位に入るのではないかと思ってますが、どうなんでしょうね。
 まだ3月ですし、もっと面白い作品が出てくるでしょうし。
 とにかく、セカイ系のセカイ系みたいなこの作品は00年代入ってからの作品で一番好きです。
Posted at 2010.03.07 (03:37) by サイと (URL) | [編集]
Re: コメントありがとうございました。
サイとさん、コメントありがとうございます。

>  粗と言えば粗かもしれない、その部分はまだ予想の範囲内という感じです。
新人さんですからまだまだ伸び白はありますよね。

>  2011年のこのラノで10位に入るのではないかと思ってますが、どうなんでしょうね。
どうなんでしょうね。
今年1年の活躍次第では十分あり得ると思います。

>  とにかく、セカイ系のセカイ系みたいなこの作品は00年代入ってからの作品で一番好きです。
セカイ系自体最近少なくなってきましたしね。逆に新鮮な感じがします。
何にせよ、今後の展開次第ですよね。

新人さんと言えば、同じくえんため大賞を受賞した庵田定夏さんの『ココロコネクト ヒトランダム』も面白かったですよ。
よければ読んでみてください。
Posted at 2010.03.07 (04:57) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード