FC2ブログ

つかボンスペシャルルールでもう一度いくぞ

いきなり余談ですが、ガガガ文庫からシリーズ刊行中の田中ロミオ先生作『人類は衰退しました』がアニメ化するみたいですね。
あの作品は動く必要あるのかと甚だ疑問だったりしますが、動く妖精さんはすごく見てみたいかも。
ラノベのアニメ化が勢いを増してますねー。

今日は『変態王子と笑わない猫。』でもお馴染みのカントクさんの新作版画展に行ってきましたー。
なぜ版画展に行くことになったのかというと、先日友達から「日本橋(東京でいう秋葉原のような場所)に行ったことがないから連れて行ってくれ」と頼まれていて、昨日がその案内する日だったのです。その場所というのがカントクさんの版画展が催される会場の付近でして、偶然にも宣伝の看板を見つけたんですよ。
友達込みだったのであからさまな反応はできませんでしたが、これは間違いなく運命だと悟り、内心で「行こう!」と拳を握りしめました。

その版画展の開催が今日からだったのですが、今まで美術展や絵画展などには行ったことがありますがイラストレーターさんの版画展に赴いたのは今日が初めてでした。そもそも大阪に来るまではそんな機会ありませんでしたからねー。

カントクさんの新作版画展についての詳細はこちらのサイトで確認してみてください。

で、行ってみての感想ですが、これがまた面白い。
イラストレーターさんの仕事っていまいち把握できていなかったのですが、なるほどこういう場所での活躍もあるのですね。
一枚の版画ができるまでの簡単な作業工程の説明が貼り出されていたのですが、読むとその大変さがわかる。とてつもない労力を必要とするんだろうなと思いました。
そこで思い出したのですが、ちょうど1年前『井上雄彦最後のマンガ展』に行きました。そのときは映像で作業工程が説明されていたのですが、あの大きさの絵を一枚完成させるのに尋常じゃない努力が費やされてることを知りました。
漫画やラノベの挿絵とはまた違うんでしょうね。

カントクさんの版画展だったのですが、他にも有名イラストレーターさんの作品も多数展示されてました。
気になったのはKEIさんだったのですが、この人って『ディスコ探偵水曜日』の表紙を書いてる人ですよね? 絵で表現する世界観に惹きこまれてしばらく動けなくなってしまいましたよ。
帰ってKEIさんについて調べてみたら『KEI画廊』というブログをやっていました。
どうやら1週間ぐらい前には同じ場所でKEIさんの版画展もやってたらしく、その事実を知ってショックでしたよ。これからは要チェックです。

でもやはり、カントクさんの絵も素晴らしかったです。
純粋に可愛い女の子の絵を書かせたらこの人に勝てる人はいないんじゃないかなー、って最近本気で思い始めました。単純に私の好みというのもあるのですが。
そういえば来場特典でカントクさんの描き下ろしクリアファイルをもらいましたー。すごく可愛いですよー。
↓これ。
20110217172651b.jpg
携帯なので画像が粗くて申し訳ない(汗)。
うーむ。なんだか少し成長して若干髪伸ばした月子みたいですね。猫像の呪いが解ければこんな風に笑うのかもしれません。

ところで、この版画展で展示されてた作品は当然販売用のものもあるのですが、当たり前のように一枚20~30万円ぐらいして驚きました。本当に当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、普段ラノベなどでイラストレーターさんの絵を見てる私からすると、どうもしっくりこない値段でしたね。

値段関係でもう一つ。
入場したときにスタッフさんからアンケートに答えさせられたのですが、その項目の中に『何度目の来場か?』というものがありました。私は当然『初めて』と答えました。
それを書き終わると、スタッフさんが「できるだけ見えやすい場所に貼ってください」とシールを渡してくれたのですが、そのシールには色違いがあって、たぶん3種類ぐらいあったと思います。
最初はなんで色違いがあるのか理由がわからなかったのですが、館内を見て回っているとその理由がわかりました。と言っても、私の憶測の域を出ませんが。
おそらく、シールの色で常連かどうかわかるようになってるんだと思います。もっと言うなら、その人が絵を買ってくれる人かどうかをスタッフさんが見定められるように。
というのも、館内を回っていると椅子とイーゼルが用意されてるコーナーがあって、そこでスタッフさんが来場者相手にイーゼルに立てかけられたカントクさんの絵について熱心に説明をしていたのです。説明を受けてる来場者の方も真剣な目で絵を見ていました。それってつまり、商品の取り引きの場が形成されているってことですよね。
普通に考えて、一枚何十万もする絵なんて容易には手を出せません。それでも私のように興味本位や、イラストレーターさんが好きだからと訪れる人も大勢いるでしょう。
そうなると困るのはスタッフさんです。どの人が絵を買ってくれそうな人かわからないですからね。
そのための色分けなんだと思います。スタッフさんと擦れ違うときに、私がシールを貼ってた胸元辺りに一瞬視線が向けられたのでほぼ間違いないかと。

そんな経営側のシステムなんかも知れて、また違う世界を見えたような気がしました。
とりあえず私は絵を楽しむだけ楽しんで、その場を後にしたのですが、何かを見てるだけで楽しめる時間って大好きです。
美術館然り、博物館然り。読書だってそうだし、映画もそうですね。あとはスポーツの試合観戦だとか。
そういう時間って日常に溢れてるけど、こういう機会がないとあまり意識しないよなー、なんて思いました。

今日はそれ以外にも空パンとココロコのドラマCD、3月のライオンの3~5巻を買いました。
あと本日発売のPS3ソフト『CATHERINE』も買おうと思っていたんですが、アマゾンのレビューを見ると『難易度EAZYでも詰むほど難しいから、近いうちに中古で出回るだろう』と書かれていたので中古で買うことにしました。
私はゲーム得意なほうじゃないんで詰む可能性高いんですけど、これも興味本位です。だって山寺さんと沢城さんがキャストですから。
それ以前に面白そうなんですよ。難しくてもいいから一度はプレイしてみたい。
……てか、私はいったい今日一日でどれだけ出費しようとしてたのだろうか。

何はともあれ有意義な一日をすごせたような気がします。

で。
長くなりましたが今までのが前置きです。本題はここから。
えーっと、一言で言うならバトンです。バトンが回ってきました。

私はバトンが嫌いなのですが(見ただけで強制的にやらされるあの理不尽さに腹が立ってしまう。まったく意味がわからない)、今回のバトンは比較的性質も悪くなく、しかもブロともさんから回ってきたものなので挑戦させてもらいたいと思います。
以前にも一度このブログでバトンをやったことがあって、そのときも言ったかもしれませんが、もう二度とやりません。

ではでは始めたいと思います。
地雷とかではないんで閲覧はご自由にー。






指定口調
1.~だべ
2.~ごわす
3.~なのです
4.~ですわ
5.~アカーン!


何やら指定口調なるものが定められてるみたいです。
とりあえず5番でアカーン!

ルール説明
・5日以内に書いて、
 それまでに書いてない方には罰ゲームをやっていただくそうです

・バトンを回した人がしっかりルールを守っているか確認するようにしていただきます。

・バトンを回す人は5人となっております。

・バトンを回したら、回した方にご報告していただきます。

・「これから仲良くなりたい方」「ずっと仲良くなりたい方」
  の5名に回してください

・バトンの内容を勝手に変える事は許されないようです

・バトンが回ってきた方は「○○さんから回ってきました」と書くのがルールとなっております

・バトンは皆様に公開しないといけません

・『○○○○スペシャルルールでもう一度いくぞ』
  という記事名にすること←○の中は管理人名


ルールなのになんだか曖昧表現が多いぞアカーン!
ちなみにこのバトンはふぇにあさんから回ってきましたアカーン!

Q,バトンを回す人は?
1.naomatrixさん
2.OwlRRさん
3.roveさん
4.夕凪さん
5.トナカイさん

ルールのせいで回す相手を非常に悩んでしまったので、わかりやすいようにブロともさんから選ばせてもらいましたアカーン!
私が確認できてる範囲内で、すでに同じバトンが回ってきている人はできるだけ省いたつもりですが、もしかしたら「また回ってきた!」という人もいるかもしれませんアカーン!
ですがバトンを受け取るかどうかは本人の意思に任せますアカーン! 罰ゲームも決めませんアカーン!
アカーンアカーン言ってますがアカーンくないですアカーン!

Q,バトンを回す人の指定口調は?
1.~嘘だけど
2.~ええ、本当に
3.~チョイ悪だからな
4.~俺様とは違って
5.~くんかくんか

この中からご自由に選んでくださいなアカーン!

Q,この中で最初に知り合ったのは?
んー、それはちょっと覚えてないなーアカーン!(確かに)

Q,イメージカラーは?
1.黒
2.紫
3.赤
4.オレンジ
5.青

Q,喧嘩したことは??
ないよーアカーン!

Q,バトンを回さなかった罰ゲームは?
不要! アカーン!

Q,最近良かったと思うことを口調指定で
本がたくさんもらえたことアカーン!

Q,自分の苦手なものにまつわるエピソード
本が苦手だから友達の前で「本が怖い。文字が怖い。見るのも嫌だ」と言っていたら、嫌がらせに本を大量に押しつけられたことかなアカーン!

※上の質問と合わせてすべて虚偽です。

Q,明日しようかなーと思っていることは?
その日何をするか決めることアカーン!

Q,今の服装と髪型を細かく伝えてみて!!
服装はパーカーにチェック柄のズボンだよアカーン!
髪型はショートで少し斜めに流してるかなアカーン! 最近黒色に戻り出したアカーン!

Q,正直今の口調気にいってました?
うーん、いいんじゃない? アカーン!(どっちだよ)






一丁上がり!
てなわけでバトン終了です。まぁ、たまの息抜きにはよかったかなー。
バトンを回された方、こちらから特別連絡することはありませんが、この記事を見てもしやってもいいかなと思ってもらえたら、どうぞ受け取ってください。

ではではー。


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

なんか語尾がカルチャーショックでした。なぜ5を選んだし……w

原画展とか版画展とかは良いですよね。生であのサイズの絵を見られるのはなかなかないですし。
私は四日市というところでいのまたむつみさんという方の原画展へ行きましたが、その時に見たいのまたさんやてぃんくるさんの絵は忘れられません。知らない方でも一発でファンになりました。というか羨ましいですギリギリ

私もふぇにあさんから回ってきたのですが、いまいちバトンは苦手です。バトンが嫌いというよりかは地雷バトンが嫌いなんですがw
周りに、すでに回っている方が多くて困ってますw なので勝手に改変してやろうと思います。フリーダム万歳!
Posted at 2011.02.17 (20:42) by ask (URL) | [編集]
版画展ですか・・・・
私も秋葉原で鈴平ひろ氏の版画展に行ったことあります。
偶然そこを通りかかったのですよ。大学を卒業して最初に入った会社に退職届を出した翌日に(笑)
家族に黙って「会社へ行く」と言って、2日間ぐらい山手線をウロウロしてたのはいい思い出です(笑)
版画展って行くのはいいんですけど、つかボンさんの話の中にも出てきたスタッフの人がちょっと苦手・・・
私が行ったときは、私しか客がいなくて、あからさまにスタッフの人が擦り寄ってくる(笑)
で、そのスタッフの人に私の境遇を1時間ぐらい聞いてもらいました(笑)
嫌な客だなー、私。

鈴平先生は画集も持ってるくらい好きなんですよ。
今年は鈴平先生初の2D格闘ゲーム「PHANTOM BREAKER」がXBOX360で発売するみたいで、気になるところではあります。
版画展と関係ない話になってスイマセン・・・・
Posted at 2011.02.18 (00:02) by naomatrix (URL) | [編集]
確かにこの語尾はアカンですな

原画展とか版画展と行ったことないんですよね
住んでいるとこが田舎なのでなかなかそういう機会に
恵まれないんです
行ったことがあるのは美術部の奴に連行された
ゴッホ展とか西洋画の歴史展とかです
あの時はあまり興味がなく退屈でしたが
自分の興味があるものだったら楽しかったんだろうな
と思います

カントクさんは絵も綺麗ですし、女の子も可愛いし
見ていて楽しいんだろうな
ブリキさんの原画展とかあったら身を削ってでも
行こうかな

このバトン、シャモにも回ってきましたよ
つかボンさんの見て思ったけど自分の指定された語尾は
軽いのだったんだな~、よかった
Posted at 2011.02.18 (01:33) by シャモ (URL) | [編集]
人衰がアニメ化ですか――!
確かに、動く必要がないようなあるような。
そこまで人気のある作品だったのですね。
OVAでしょうか?

バトンが――すごくカオスになっています。
Posted at 2011.02.18 (11:30) by サクラ (URL) | [編集]
Re: askさんへ
コメントありがとうございます。

やっぱり関西に住んでるんで5じゃないとダメだろとw

絵に特別詳しいわけではないですが、ああいうのって見てるだけでも楽しめますもんね。
いのまたむつみさんと言えばテイルズの人でしたっけ? ディスティニー2をプレイしたことがありますが素敵な絵だと思いました。
私も自分は幸運だと思ってるのでどうぞ好きなだけ妬んでくださいw

地雷バトンの理不尽さには呆れかえってしまいます。私は徹底的に無視しています。
知り合い伝手にどんどん同じバトンが回ってるので至るところで目にするようになりましたね。
askさんのフリーダムバトン楽しみにしてますw
Posted at 2011.02.18 (14:28) by つかボン (URL) | [編集]
Re: naomatrixさんへ
コメントありがとうございます。

なんですかその重いエピソードw
自分一人だとスタッフさんも関係なく話しかけてくるんでしょうね。それは確かに辛そうだ。自分には買えないのだから尚更。
ですが境遇を聞いてくれたスタッフさんはきっといい人だったんでしょうねw

鈴平ひろさんはまったく知らなかったのですが、格闘ゲームも担当しているのですか。キャラデザですかね?
今度また調べておきますねー。
Posted at 2011.02.18 (14:48) by つかボン (URL) | [編集]
Re: シャモさんへ
コメントありがとうございます。

はい、アカンでした。

私も今回が初めてだったんですけど、それまでそういうものがあることも知りませんでした。
確かに興味のないものを見るのは辛いですよね。
自分の趣味に合わない映画とか、面白くないスポーツの試合とか見たときシャモさんと同じ気持ちになったことがあります。ゴッホ展は面白そうですが。

カントクさん絵には胸がキュンキュンしました。昔書いた絵とかもあったんですけど、昔と比べると今は若干画風が変わってきてるんだなーとか思ったり。
ブリキさんもすごそうですねー。
近くで開催されるのであれば行ってみたいです。

シャモさんのバトンも拝見させてもらいましたよー。
私のバトンは大変でしたけど、それなりに面白かったんでいいかなと思います。
Posted at 2011.02.18 (15:02) by つかボン (URL) | [編集]
Re: サクラさんへ
コメントありがとうございます。

アニメ化ですよ、アニメ化。
どうやら今月の新刊のチラシで発表されてるみたいです。
好きな人はかなり好きみたいですよ。私はまだ1巻しか読んでませんが、好きな作品でした。
詳しくはないんですが、作者の田中ロミオ先生がエロゲライターとしても有名らしいのでその影響もあるのでしょう。
『アニメ化企画進行中』というだけなのでOVAなのかどうかはまだわかりませんね。でもおそらく深夜枠で放送されるんじゃないでしょうか?

バトンは自分でも何がなんだかですよ。
まぁ、割と楽しめたのですが。
Posted at 2011.02.18 (15:19) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード