FC2ブログ

はたらく魔王さま!/和ヶ原聡司

この入間人間がすごい!2011


今日も宣伝活動をば。

現在、天野寂さんが運営するブログ『入門人間』にて『この入間人間がすごい!2011』という企画が開催されています。
天野寂さんはその管理人名とブログ名からもわかる通り、生粋のイルマニアです。
また、私に入間先生を敬愛するきっかけを与えてくれた人物でもあり、度々お世話になっています。

その天野寂さんが以前から「やりたい」と言っていた一世一代の大イベント、それが『この入間人間がすごい!2011』なのです。このラノの入間人間版と思ってもらったら大丈夫です。

実は1ヶ月前からこの企画は始まっていて、締め切りは2月28日、つまり明後日なんですね。
ツイッターのほうでは何度か宣伝させてもらったのですが、最後の追い込みということでブログでも紹介させてもらうことにしました。

入間先生の作品1冊しか読んだことないよーという方でも気軽に参加できる形となっています。
一度企画内容に目を通してもらうだけでもいいので、ぜひ訪問してみてください。






はたらく魔王さま! (電撃文庫)はたらく魔王さま! (電撃文庫)
和ヶ原 聡司 029

アスキーメディアワークス 2011-02-10
売り上げランキング : 887

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「察しの悪い奴め。いいか、この日本で魔力も体力も無い俺が手に入れられる唯一の力、それは“正社員の肩書き”だ!」
 真奥は、エンテ・イスラを恐怖に陥れた悪魔の哄笑とともに、宣言した。
「いいか勇者エミリア、俺は、この世界で正社員になってみせるぜ」



――あらすじ――
世界征服まであと一歩だった魔王サタンは、勇者に敗れ、異世界『日本』の東京・笹塚にたどり着く。そんな魔王が日本でできること。それはもちろん“世界征服”!!―ではなく、駅前のファーストフード店でアルバイトをしながら生活費を稼ぐ、いわゆるフリーター生活だった!その頃、魔王を追って時空を越えた勇者エミリアもまた、テレホンアポインターとして日本経済と戦っていた。そんな二人が東京で再会することになり―!?六畳一間のアパートを仮の魔王城に、今日も額に汗して働くフリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー。第17回電撃小説大賞“銀賞”受賞作登場。


――感想――
第17回電撃大賞『銀賞』受賞作。

ようやく受賞作2作目を読ませてもらいました。
今回は2つ目の『銀賞』である『はたらく魔王さま!』です。

なんだろう、すごく好きだなこの話。
一つの物語としては物足りない上に「おー、おもしれー!」ってほどの感想じゃないんだけど、とにかく雰囲気が好きだったなぁ。
支倉先生が帯の推薦文で「地に足のついた魔王はもっと嫌です!(笑)」なんて書かれてるけど、その気持ちわかりますって言いたくなる。

六畳一間のボロアパートに住む魔王ってなんだよ。
栄養失調で病院に運ばれる魔王ってなんだよ。
ファーストフード店のバイトで生活費稼ぐ魔王ってなんだよ。
しかも仕事内容全部把握してA級クルーになって、100円の時給アップに大喜びする魔王ってなんだよ!
勇者は勇者でテレアポの仕事に就いて日々クレーム対応に追われているし。
こんな地に足が着いた魔王と勇者なんて嫌すぎるわ!
そしてめちゃくちゃ友達になりたい!

そうなんだよ。雰囲気が好きな理由、たぶんそれだ。
友達になりたいって気持ち。
誰しもが「この人とはウマが合いそうだなー」とか、「この人と一緒にたら楽しそうだなー」と直感的に悟ったことってあると思う。それに近いインスピレーションが私の中で弾けたんだよね。
この本が擬人化すれば、きっと親友になれると思う。
待て。本が……擬人化……? ゴクリ。

設定は悪くないけど、その設定に慣れるとあとは予想通りに物語は進んでいく。
直球勝負のストーリーラインもいいけど、たまには鋭角に折れ曲がるようなレールの外し方も見せてもらいたかった。その辺が物足りなさを感じた理由かもしれない。
あと、とにかくキャラが無難。ラノベ的なキャラではあるけど、その中でも地味な部類だと思う。
でもテーマが『社会に生きる魔王と勇者』だから、これぐらい現実的なほうがいいのかもしれない。ぶっ飛んだキャラだと、逆に「お前みたいなやつが社会で生きれるわけないだろ!」と突っ込みを入れたくなるだろうし。落ち着いたキャラのほうがこの物語には合ってるんだろうなぁ。

ただ、社会という世界で描かれるちぐはぐな魔王と勇者の日常や、その日常の中で少しずつ移ろっていく2人の価値観や考え方や感情への焦点の当て方は非常に上手いと思った。
魔王を討伐するために追ってきたはずの勇者なのに、魔王と再会してから展開される妙に現実的なやり取りには笑わされた。財布を失くして家に帰れなくなった勇者を魔王が泊めてあげたり、勇者が身元不明の魔王の身元保証人になったり。
そんなことがあっても魔王を討ち滅ぼすという信念は勇者の中から消えず、けれどバイトに熱心に勤しんだり、バイトの後輩に慕われたり、災害時に人間を助けたりする魔王の姿を見てると複雑な心境になっていく。
もともと憎み合う運命だからこそ、この擦れ違いは皮肉だよなー、なんて。

魔王のバイト先の後輩であるちーちゃんとの恋模様も面白い。
最近では、なんでモテるのか理解できない主人公だけじゃなく、なんでデレるのか理解できないヒロインまで増えてきた中、ちーちゃんが魔王に惚れる理由には正当性があって好感が持てた。
そりゃ、こんなにも大人びた人間が身近にいれば、同級生なんてみんなガキっぽく見えてしまうよなぁ。
魔王と勇者のいがみ合いを見てあらぬ勘違いをしてしまう場面ではついニヤニヤしてしまう。ある意味では魔王と勇者は恋人以上に密接な関係だからね。

雰囲気だけで好きになってしまった本作だけど、無難なだけに安定感はある。
あとがきが個性的すぎてシリーズ化するのかわからないけど、たぶんするだろうから次巻にも期待です。
擬人化した本を妄想しながら、ではでは。


関連商品
シロクロネクロ (電撃文庫)
青春ラリアット!! (電撃文庫)
アイドライジング! (電撃文庫)
アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト) (電撃文庫)
ウチの姫さまにはがっかりです…。〈2〉 (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

この入間人間がすごい、ですか。
入間さんの本は四冊(みーまーと電波女)しか読んだことがないので、まだ何ともですが。

それはまた強烈な話ですね!
魔王と勇者の戦う相手が日本経済って。
とても平々坦とした話になっていそうですが。
その魔王や勇者というギャップから面白さが来てるんでしょうね。

とにかく強いインパクトを感じました。
Posted at 2011.02.26 (21:26) by サクラ (URL) | [編集]
Re: サクラさんへ
コメントありがとうございます。

四冊でも大丈夫ですのでぜひ参加を、と言いたいところですが、実際四冊じゃあ答えにくいですよね。その辺りが改善できたらもっといいアンケートになるのになぁとは思います。

魔王&勇者ものに経済の概念を当てはめるという手法は『まおゆう』で有名ですが(読んだことありませんが)、あちらは舞台がファンタジー世界なのに対し、こちらは現実世界ですからね。その違いをどう生かせるかがこの作品の評価の分かれ目になると思います。
私はいいと思いました。確かにラノベにしては地味かもしれませんが、やはりギャップに惹かれるものがありましたね。
インパクトではなくアットホームな和やかさを好きになったんですけどねw
Posted at 2011.02.27 (01:43) by つかボン (URL) | [編集]
金賞より銀賞が評判というアレですよね。

だがしかし、正社員じゃない俺には非常に耳が痛い話だったりするので読むのが怖いのorz
Posted at 2011.02.28 (20:33) by OwlRR (URL) | [編集]
自分はシロクロよりこちらの方が面白いと感じました
魔王とか勇者の話だと世界観に力が入っちゃう作品
が多いですが、世界を現代日本にしたのが良かった
登場人物も人間味に溢れてていいですね~
よくある異世界呼び出しものみたいに
呼び出されて戦うじゃなく、呼び出されて?働くのは
非常にかわいそry……好感が持てました

確かに安定感があるので続刊でるんじゃないでしょうか
魔王さまにはがんばってもらいたい
擬人化した本……新しいジャンルが開けそうだな
Posted at 2011.02.28 (22:32) by シャモ (URL) | [編集]
Re: OwlRRさんへ
コメントありがとうございます。

金賞の『青春ラリアット』と『アイドライジング』も結構評判高いみたいですよー。
微妙なのは大賞である『シロクロネクロ』だけみたいです……w

確かに魔王の労働への意欲は目にも痛いです。
理想的な社会人ですよ。
Posted at 2011.03.01 (21:19) by つかボン (URL) | [編集]
Re: シャモさんへ
コメントありがとうございます。

シロクロはどこに行っても評価が微妙ですねw 今のところはまったく買う気が起きません。
勇者&魔王というファンタジーの存在と、現代日本というギャップがよかったのでしょうね。
登場人物たちも好感が持てる人たちばっかりでした。

続刊はぜひ希望したいですね。魔王さまの頑張りぶりが見たい。
本の擬人化は創作のネタになりそうでならなさそうな……でも暇潰しにはもってこいですw
Posted at 2011.03.01 (21:29) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード