FC2ブログ

GOSICKⅢ ―ゴシック・青い薔薇の下で―/桜庭一樹

声でお仕事


というアニメがあった気がしますが、特に関係はありません。

『豊崎愛生が朗読するCD付きの日本史の参考書が出るみたい』
朗読少女の栞ちゃんというアプリが最近話題になってたりしますが、こういう方向もあるんだとちょっと驚きました。
面白いのは、発売されたらアニメイトやとらのあなにも置かれるらしいということ。特典とかついたりしてね。

普通に売れそうなのがまた……。
これで学力が向上するならなによりでしょうけど、中身が地味に気になりますね。
参考書だから説明文を淡々と読み上げるだけなのだろうか? せっかく声優を起用してるんだから、物語形式にして演技をさせればより効率的に頭に入ってきそうだけど。
高校生のみなさんはどう思うんでしょうねー?

しかしそのうち、アニメキャラによる朗読CD付き参考書とか出てきそうな勢い。
朗読どころか、けいおんメンバーによるやり取りを聴いて勉強しよう!みたいなCDが出たらバカ売れしそう。それはもうドラマCDか。

……と思ったら、すでにこんなものがあった。
ドラマCD ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」ドラマCD ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」
(ドラマCD) 喜多村英梨 沢城みゆき 豊崎愛生

ジェネオン・ユニバーサル 2009-08-14
売り上げランキング : 15898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あ、沢城さん出てるんだ。






GOSICKIII  ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)
桜庭 一樹

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-01-23
売り上げランキング : 3688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 一弥がゆっくりと近づいていた。ヴィクトリカはその足音にたったいま気づいたように顔を上げた。表情を変えず、老女のようなしわがれ声で、
「……なんだ、君か」
「そうだよ。ただいま、ヴィクトリカ」
 ヴィクトリカはフンッとそっぽを向いた。



――あらすじ――
“青い薔薇”を買ってきてちょうだい―故郷にいる姉の頼みで、首都ソヴレムに出かけてきた一弥は、巨大高級デパート“ジャンタン”で、不気味な体験をした。街に流れる“人間消失”の噂、異様な計算能力を持つストリートチルドレン―深まる一方の謎を抱え、一弥は風邪で寝込んでいるヴィクトリカに電話をする。“知恵の泉”は距離の壁を超え、難事件を解決できるのか…!?大人気ミステリシリーズ、胸騒ぐ第3巻。


――感想――
関東ではもうアニメが3巻の内容に入り、関西も来週からなので慌てて読みました。
キュートでダークなミステリ・シリーズ第3弾!

アニメを見てから原作を読むのも嫌いじゃないんだけど、灰色狼編を見るとどうにも読んでおいたほうがいいなと思えたんで。灰色狼編に限った話かもしれないけど、展開が速すぎて色々とわかりにくかった。特に謎解きのあたりなんて、「これ、原作読んでなかったらなにがなんやらわからなかっただろうなー」と心配になるほどに。
しかしアニメの村長は面白かったなー。

なぜだろう。1巻のときに比べるとミステリ要素は随分抜け落ちているのに、面白さは巻を追うごとに増していく。……混沌だな。
特に今回は、ホームズ不在という新しい試みが成されていて、これまでと違ったの楽しみ方ができたのが大きい。マンネリ回避にもなっていた。

ヴィクトリカが側にいない状況で事件に巻き込まれる久城くんがどう立ち振る舞うか。それが今回のスタンスであり主題でもあったけれど、逆に言うとヴィクトリカの側にも久城くんがいないということ。
章と章の間で描かれる独りぼっちのヴィクトリカというのも稀有ゆえに新鮮で、そして可愛い。
久城くんからの電話というだけで喜んで、熱に浮かされながらも意地で出ようとする愛らしさ。「可愛いねチミィ。うりうりー」なんてしたいとは思いませんでしたよ。ええ、本当に。

しかし絶好の機会にもかかわらず、ワトスンがホームズのお株を奪うような活躍をしないのがこの作品のいいところなんだろうなって思う。
一応は自分で解決しようと動きはするんだけど、結局ヴィクトリカに頼っちゃう久城くんはやっぱり久城くんです。

探偵役が不在だと、一時的なパートナーが必要となる。今回はブロワ警部がその役を担うこととなる。
お決まりのパターンで、こういう場合は大体凸凹コンビが結成されるものだから、この配役は絶妙だったんじゃないかな。つまらない顔どうしが立ち並ぶ光景は面白いだろうなぁ。
つけ加えて、ヴィクトリカという重しが減った分、天秤式でブロワ警部の人物像が浮き彫りにされていた点にも注目したい。
ようやくあのいかめしいドリル頭の原因が判明したり、彼のちょっぴり切ない恋事情なども明かされて、結局は彼も凡夫の一人にすぎなかったわけだ。それでも必死に自分を取り繕おうとする姿が人間臭くて好感が持てるんだよね。
五年前にヴィクトリカを頼ったときに彼がヴィクトリカに言い放った言葉も印象的で、兄妹というのはどうしてこうもお互いに影響し合うんだろうなぁ、と神秘的なものを感じました。

ところでヴィクトリカの可愛さに目が行きがちだけど、久城くんも十二分に可愛いよね
自分のプレゼントをヴィクトリカに受け取ってもらえるかもらえないかというだけで一喜一憂して、それをすぐに表情に出すところとか。母性本能をくすぐる男の子って久城くんのことを言うんだろうなぁって思った。
どうしてもわからないというのなら、久城くんとヴィクトリカの性別を入れ替えてみないさいな。すぐに「ヴィクトリカー! ヴィクトリカー!」と泣きついてくる女の子なんて可愛いでしょうがっ!

P275のラスト3行から始まる久城くんの台詞にあるように、ヴィクトリカがいない状況を経験して彼が得たものは大きかったんだろうな。
世界には目に見えないものもある。それを知れたことがなによりも大事だったはず。
そのことが彼の成長に繋がったのなら、それはまさにビルドゥングスロマンだったんだろう。

彼らはもっと友達を増やしたほうがいいとも思うんだけどさ。
でも寂しさを紛らわすように寄り添う二人の関係が本当に好きだから、もう少しだけこのまま見ていたいなって思うのでした。



関連商品
GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)
GOSICKII ―ゴシック・その罪は名もなき― (角川文庫)
GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)
GOSICKVI ―ゴシック・仮面舞踏会の夜― (角川文庫)
GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)
by G-Tools

スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

声優が参考書を朗読ですか――。
淡白な内容でも、萌える人は萌えるんでしょうね。
それで頭に入るかどうかは別として。(かえって入りやすい?)

Oh! ちょうど、アニメを見終えたところだったんですよ。
ネット配信で。
しかし、ホームズ不在になるんですか。
そのうえ相棒がブロワ警部とは、来週の放送が楽しみです。

それにしても村長は面白かったですね~。
私としてはメイドさんと、「じゅげむ」で笑ってしまったのですが。
Posted at 2011.03.05 (19:19) by サクラ (URL) | [編集]
あのCDは友人が持ってましたね。文系でしたがw

3巻、私が読んだのは確か中2くらいじゃなかったかなと思ってます。定かじゃないですけど。
ホームズ不在の設定にはハッとさせられました。物語の魅せ方ってこういう変化から始まるんだなぁと、ただ漫然と読んでいた時期を脱却するきっかけになった本でもあります。

久城くんも可愛いです。ヴィクトリカなんか言うまでもありません。しかし私は、初期の頃のブロワ警部の空回りっぷりに何とも癒されますw
Posted at 2011.03.05 (19:52) by ask (URL) | [編集]
参考書の朗読ですか……。
正直、自分としてはうーんと言わざるを得ませんね。
そんなことして本当に頭に入るのかと、訝しく思っています。

そういえば自分がGosick読んだのは2まででした。
図書室で借りたんですけど、なかなか人気で借りれないんですよね。
こんなことになるならアニメ化する前に読破しておけば良かったんですが。
ああ、早く新装版を発売して欲しいです。
2冊同時刊行なのでお財布が大変なことになりそうですけど。
Posted at 2011.03.05 (22:34) by 稲羽 (URL) | [編集]
Re: サクラさんへ
コメントありがとうございます。

「一文字も漏らさずに聞いてやるぜー!」みたいな心意気の人はきっと頭に入ってくるんでしょうけどね。
一体どういうものなのかまったく未知です。

結局ヴィクトリカに電話で頼っちゃうんですけど、なかなか新鮮で面白かったですよ。
ブロワ警部もとある事情で一応協力はしてくれますし、ちょっとだけ活躍もあるんで、私もアニメではどうなるのか楽しみです。

村長の「次ぃ!」には吹き出してしまいました。
ジュゲムも面白かったですよね。確かに日本にしかない言葉ですけど。
Posted at 2011.03.05 (23:47) by つかボン (URL) | [編集]
萌え単や元素を擬人化したやつなら知ってましたが、まさかCDまで出てるとは予想外でしたw
そういえば、うちの大学生協の参考書コーナーが萌えに侵略されてました。
もう科学から物理まで全部萌え関連の参考書を並べているものだから、一瞬違うコーナーに来てしまったのかと焦りましたよ。
そのうちメイドさんが応対してくれると信じてます。

ゴシック3巻はまさしく新たな切り口って感じですね。
普段と違う状況だからこそ、それぞれの抱いている想いが浮き彫りになっていたのは印象的でした。

個人的にブロワ警部の見方が180度変わった巻でもありましたよ。
今まではピエロだったのが、この巻を境に男前に見えて仕方ありません。
それと二人が可愛いのはもちろんだけど、ブロワ警部だって可愛いですよ!
Posted at 2011.03.05 (23:53) by 茶ネコ (URL) | [編集]
Re: askさんへ
コメントありがとうございます。

目的と手段が入れ替わってるというか、目的も手段もはなからないですね、それw

ある意味探偵と助手という構成の推理ものだとお約束だったりしますけど、普段二人でセットというイメージが強いですから、たまにやると効果的ですよね。

ブロワ警部は溜まった気を抜いてくれるキャラっなんで、本当に必要な存在だよなーと思わせてくれます。
Posted at 2011.03.06 (00:00) by つかボン (URL) | [編集]
Re: 稲羽さんへ
コメントありがとうございます。

好きな人にとってはやっぱりためになるんじゃないですかね?
とはいえ販売戦略的な一面もありそうですけど。
どちらにせよ一般受けはしなさそうです。

今なんか特に借りられないでしょうね。随分と人気あるみたいですから。
新装版は4月に1,2巻発売とのことですが、そのあとの刊行予定がわからないのがまた辛いですね。
私も買ってしまいそうで怖いんです。やっぱりイラストは見たいですし。
Posted at 2011.03.06 (00:40) by つかボン (URL) | [編集]
Re: 茶ネコさんへ
コメントありがとうございます。

最近萌えと学問の融合書って増えてますよね。
お堅いイメージを拭い去って多くの人に受け入れてもらおうという考えなんでしょうね。
本屋の店員がメイドコスプレとかしだしたら驚きですね。

絶妙なタイミングで転機を持ってきてくれましたよね。
普段と環境を変えたらなにがどうなるか、それをしっかりと表現できていましたね。桜庭先生が頭の中で久城くんとヴィクトリカの世界をしっかり想像できている証拠だと思います。

ブロワ警部は最初から割と可愛いですよw
やはり書き慣れてるだけあって、桜庭先生は少女的な内面の繊細さを描き出すのが上手いです。それはブロワ警部も例外ではありません。
今回は+男前なところを見えたのがよかったです。
Posted at 2011.03.06 (03:06) by つかボン (URL) | [編集]
家にも確か、~に愛されすぎて眠れないシリーズが
いくつかあったような、ちょっと違いますね

前に三巻見たときは絵つきの富士見ミステリーのやつ
だったのですが
今回友人に聞いても本屋探しても全く見つからなかったので
とりあえず角川のを読みました
4月に絵つきの奴が発売らしいので、楽しみです

この巻を見てヴィクトリカ可愛い以外に思ったのは
もしかしたら、この作品探偵が事件を呼び寄せているんじゃなくて
助手の方が事件を呼び寄せてるんじゃないのかと思いました
まあ久城くんもヴィクトリカのために進んで事件に飛び込んで行ったりしてますが
それでも巻き込まれすぎだろ、どこの少年探偵だよ

実は全巻読んでないのでアニメに合わせてみるか
その前に見ちゃうか迷ってるんですが
どっちがいいでしょうか?
というかアニメって何巻の話までやるんだろう?
Posted at 2011.03.09 (16:46) by シャモ (URL) | [編集]
Re: シャモさんへ
コメントありがとうございます。

そんなものもあるのですか。
革新的とも言えますが、そうなるともうなんでもありですね。

富士見ミステリー版はすでに絶版ですからね。古本屋を探しても見つかる可能性は低そうです。
だから私も4月の新装版を楽しみにしてます。
角川版ですべて集めましたが、もし出来がよければ新装版も買うかもなので。

そうでうすね、探偵ものには珍しく助手が事件を呼んでいるように思えますね。
そもそも久城くんと出会う前のヴィクトリカは図書館から出なかったので事件に出会うことなんてなかっただろうですから、やはり久城くんが事件を引っ張って来ていると言えるでしょうね。
でも災難に巻き込まれておきながら、ヴィクトリカを喜ばせられるかも、と思っちゃう久城くんが可愛いです。

私はアニメに追いつかれないように調整して読んでいます。
アニメは面白いんですけど、ときどき展開が早くてなにがなんやらわからなくなるときがあるので、原作を先に読むことをオススメしますよ。
一応2クールみたいなんで3月発売のⅦまではやるんじゃないですかね。
Posted at 2011.03.10 (03:11) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード