FC2ブログ

バッカーノ!1931鈍行編&特急編/成田良悟

今日は一気に「バッカーノ!1931鈍行編」と「バッカーノ!1931特急編」の2冊のレビューをしちゃいたいと思いまーす。

それでは行ってみよー。


バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
成田 良悟

メディアワークス 2003-08
売り上げランキング : 3703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「約束したんだよ。絶対に生きて戻って来るって。ニースが死んじゃったら、僕はニースの所に戻れなくなっちゃうじゃない、だから、生きてるうちに行かなくちゃ」
そして機関銃を一丁だけ担ぎ、刺青の青年は連結部への扉に向かって行った。
「それにね、今はもう泣かないって決めたんだ。どんな痛みも、覚悟するって」



――あらすじ――
第9回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞の成田良悟が、前作を上回るスケールとトリッキーな構成で贈る受賞後第1作。舞台は1931年アメリカ。大陸横断特急「フライング・プッシーフット」。“不良集団”は貨物室のお宝をちょいと戴くため、列車に乗り込んだ。“革命テロリスト軍団”は偉大なる指導者を奪還するため、列車に乗り込んだ。“ギャング”は鉄道会社を脅して金をせしめるため、列車に乗り込んだ。“泥棒カップル”は一年ぶりにNYの友人と会うため、列車に乗り込んだ。出発の興奮に酔う彼らはまだ知らない。これから始まるクレイジーな夜を―。


――感想――
まさに傑作と呼ぶにふさわしい作品。
物語のテンポ、キャラクターどうしの掛け合い、巧妙に張り巡らされたトリック、どれをとっても文句なしの最高級品もの。
成田先生の真の魅力が分かる。そんな作品です。

今回は前作から1年後の物語。
前作の最後にも言っていた通り、地球からお宝を盗むために坑道で金を採掘するアイザックとミリアのもとにエニスからNYに遊びに来てほしいという内容の手紙が届く。
それを契機に、泥棒バカップルはNY行き特別急行『フライング・プッシーフット』に乗り込むことになるのですが、偶然にもその列車には、それぞれ違った思惑を胸に抱く様々な人々が乗り込んでいたのです。
黒服を身にまとい、指導者を奪還しようと謀る革命テロリスト軍団。
白服を身にまとい、自分の欲望を満たし金をせしめようと企むギャング。
ボロ服を身にまとい、列車内に隠されたお宝を頂こうと目論む不良集団。
その他にも、作業着の女や灰色の魔術師や謎の少年、さらには『レイルトレーサー』という都市伝説の化け物まで、実に個性に富んだ人々を乗せて『フライング・プッシーフット』は馬鹿騒ぎという名のレールを走り始めます。
ちなみに、前巻で活躍したフィーロやエニスも登場しますが、今回は物語にはほとんど関与しません。
ただ、彼らやガンドール兄弟の会話の中にも伏線があったり。

この「鈍行編」は物語の本筋をなぞるような話。
言い換えるならば、物語の表舞台を描いた話ということになります。
主には黒服、白服、ボロ服の三つ巴の抗争が描かれており、その裏で作業着の女、灰色魔術師、謎の少年、そして『レイルトレーサー』が暗躍している様子。
しかし、この「鈍行編」ではそれについての詳しい説明がなされません。
いつの間にか消えてしまうキャラクターまでいます。
彼らは一体どうなったのか?彼らは一体何をしていたのか?
それらの謎は後編にあたる「特急編」で明かされることになります。

それでは、「特急編」のレビューに行ってみよう!


バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
成田 良悟

メディアワークス 2003-09
売り上げランキング : 4305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「・・・・・・その勢いをフィーロにも見習って欲しいですね」
不意に出て来た友人の名に、クレアは懐かしそうに目を細めた。
「フィーロか、会いたいな。あいつがどうしたって?」
「好きな娘と一年も同棲しておきながら、告白もキスもしてないんですから」
「馬鹿な・・・・・・奴は本当に人類か?」



――あらすじ――
第9回電撃ゲーム小説大賞で金賞を受賞した成田良悟の受賞後第1作『バッカーノ!1931鈍行編』と同時間軸、別視点で語られる「特急編」。少年はNYの友達と会うため、列車に乗り込んだ。作業着の女はNYの雇い主と会うため、列車に乗り込んだ。車掌は―仕事なので列車に乗り込んだ。あの事件さえ起こらなければ、彼らは何事もなく目的地に着く筈だった。だが怪物は目覚めてしまった―その名は“線路の影をなぞる者”。


――感想――
前巻で明かされなかった謎が全て明かされる後編の「特急編」。
後編といっても、「鈍行編」と同じ時間軸で、「鈍行編」で描かれなかった裏の物語を描いたものとなっています。

黒服、白服、ボロ服の三つ巴の抗争が激化していく中、遂に赤服の化け物がその正体を現します。
いやー、『レイルトレーサー』の正体には本当に驚きです。見事に騙されました。
完全にノーマークで、もはや意識の外にあった人物でしたからねw
その他にもこの「特急編」では、前巻でいつの間にか消息不明となっていたラッドとシャーネ、一人暗躍し続けていた作業服の女、謎の少年チェスの動向などが明かされます。
彼らにも驚きですが、やはり『レイルトレーサー』の前では陳腐に思えてしまいます。
それだけ彼の存在感が強烈ということです。
その存在感は、前巻でそのクレイジーさ存分に披露したラッドの狂気さえも飲み込んでしまうほど。
この「特急編」そのものが彼のために存在していると言っても過言ではないでしょう。

それにしても相変わらず鮮やかなストーリー運びだと感嘆してしまいますね。
ジャグジーやアイザックたちが奔走し奮闘していたとき生まれていたもう一つの物語。
この作品を読んで気付いたのですが、同じ時間軸で別の物語を見るというのは妙に楽しいです。
とても面白い悪戯を考え付いた時のような感覚。
成田先生の本を読むことは、まるでパズルのピースを一つずつ当てはめていくようなもの。
そうして、複雑な歯車を少しずつ噛み合わせていくように、全ての物語を繋ぎ合わせていくことは、まるで徐々に完成していくパズルを眺めるような楽しさがあります。
そういう楽しさでもって、初めてこの作品の真の良さが分かるのかもしれませんね。





関連商品
バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
バッカーノ!1932―Drug & The Dominos (電撃文庫)
バッカーノ!―The Rolling Bootlegs (電撃文庫)
バッカーノ!2001―The Children Of Bottle (電撃文庫)
バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)
by G-Tools

デュラララ!!2 【完全生産限定版】 [DVD]
デュラララ!!2 【完全生産限定版】 [DVD]


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード