FC2ブログ

変態王子と笑わない猫。3/さがら総

リンク追加!


相互リンク追加報告です。
今回はまみさんが運営するブログ『☆ライトにノベる日記☆』様と相互リンクさせていただきました。
まみさんは、読書メーターで随分初期の段階にお気に入り登録をして知り合った方です。読む本の傾向は似通っているのですが、感想の書き方は私とは似ても似つきません。雑文をダラダラ並べる私とは違い、読んで自身が抱いた気持ちをストレートに綴っています。そのためとても読みやすい。
更新はマイペースに続けられてるみたいですが、内装がさっぱりとしていて気兼ねなく立ち寄ることができます。
ぜひぜひ訪問してみてください。

まみさん、相互リンクありがとうございました。






変態王子と笑わない猫。3 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。3 (MF文庫J)
さがら総 カントク

メディアファクトリー 2011-05-25
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「本当に大切なものは変わりっこないんだ。そのことに気がつくまで、君は絶対に追いつけない」



――あらすじ――
体育祭が迫る九月の朝。のどかな二人乗りの最中、ちっちゃな宇宙怪獣ツインテールが降ってきた。『完璧』な笑い方をするその女の子は、ぼくにロケットダイブして、「にひー。だーれだ!」「え?」「よーとおにーちゃん、だいすき!」「えええ!?」「どういうことですか」「え?」「どういうことですかロリペドさん」「ええええ!?」――そして平穏だった学校に『笑わない猫』の笑う声がする。校舎はイタリア、水着が制服、横寺王子は今日もみんなの人気者! ……いやいや待てよ、なにがどうしてこうなった。もしかして、ぼくを悩ませ続ける『小豆梓問題』と関係が――? 大人気爽やか系変態ラブコメ第3弾! 今度は妹王座決定戦だ!(逆襲? う、うん!)


――感想――
待ちに待った最新刊!

またまたギアを上げてきたなー。女の子はとことん可愛く描かれてるし、文章はよりフリーダムになってそれが苦になるわけでもなく、爽やかで突き抜けた面白さは健在だった
中でも女の子を可愛く描く技術は本当にずば抜けている。無表情ながら内面が言動や仕草に表れちゃう月子。いまだ勘違いしたまま積極的に好意をぶつける鋼鉄さん。自分ではどうにもならない悩みを抱えて距離を取ってしまう小豆。キャラのよさが大きな評価の対象となるのは、やっぱりラノベならではだよね。

そういえばこんな記事があった。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51262284.html
3巻発売を記念したさがら総先生とカントクさん両名のインタビュー記事です。
一部ネタばれが含まれてますので未読の方は注意!

これを読むとさらにキャラ造形について理解が深まる。特に鋼鉄さん。今巻の横寺くんの呼び方に違和感があると思ったら、親しみの度合いだったのね。
最近の鋼鉄さんの躍進ぶりには目を見張るなあ。毎回どこかでドツボに嵌まる要素があるのだけど、今回は『牛乳』だった。面白いのが、横寺くんの好みを総合すると、最も恋愛の対象になる相手って鋼鉄さんなんだよね。性格さえ崩壊してなければ……。

三者三様の魅力を放ちつつ、そんな中、新キャラのエミに振り回される変態王子こと横寺くん。学校がいきなりイタリアの大聖堂に変化したり、スクール水着が制服になったり、横寺くんが『変態』ではなく『王子』扱いされたりと、日常が非日常と化していく。その裏には当然猫像の影があって。でも、深く考えず突然降臨したパラダイスを堪能しちゃう横寺くんはやっぱり変態なのでした。
しかし月子と鋼鉄さんのスクール水着の挿絵は反則度高いなあ、としみじみ。横寺くんの『ハイキング』と『ガチ登山』の変態的比喩には笑ってしまった。矛盾に気づいて青ざめる月子と、矛盾に気づきながらも水着の有用性を説く鋼鉄さんがまた可愛いこと。

エミが100%の笑顔と社会的地位(?)を駆使して引っ掻き回してくれたおかげで面白可笑しくはなっていたのだけど、ただメインのストーリーにパワー不足というか説得力不足というか、物語の方向性にブレを感じた
今まではラブコメに寄っていたものの、猫像の力が濫用されすぎてファンタジーになりつつある。どこを目指してるんだろうと心配になるぐらいに。芯の通った揺るがないストーリーラインが好きだったんだけどな。

でもラストは素晴らしかった。横寺くんはやっぱりやる男だよ。これが『逆襲』だったわけだ。
ただ一つ言わせて欲しい。小豆の出番が少ない!(大泣)
『逆襲』ならもっと出番をさあ! 新キャラの影に隠れてたんじゃ駄目だよ!
まあ、小豆に限らず他の女の子の気持ちも届いてないもんね。鈍いという理由もあるのだろうけど、横寺くんの場合は自分が変態だという自覚があるから、こんな自分がモテるわけないという想いが無意識下であるんじゃないかな。だとしても、女の子の好意はもっとはっきりした形で報われて欲しいなあ。

今までは「本音をぶつければなんとかなる」というスタンスだったのが小豆梓問題を経て変わりつつある。主人公に関わる伏線も張られたみたいだし、次巻で物語がどう動くか非常に楽しみ。



関連商品
僕は友達が少ない 6 (MF文庫 J)
この中に1人、妹がいる!4 (MF文庫J)
パパのいうことを聞きなさい! 7 (パパのいうことを聞きなさい! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫 ま 1-16)
この部室は帰宅しない部が占拠しました。 (MF文庫J)
つきツキ!3 (MF文庫J)
by G-Tools


スポンサーサイト



Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

変態王子と笑わない猫。3(MF文庫J)
変態王子と笑わない猫。3 (MF文庫J)(2011/05/25)さがら総商品詳細を見る 今回は宇宙怪獣ツインテール来襲。 そういえば「帰ってきたウルトラマン」にツインテールって怪獣居たな・・・。 「変態王子と笑わない猫。3」(さがら聡著/MF文庫J)
Posted at 2011.06.18 (22:18) by 読書感想未満、駄文以上。

Leave a comment

Private :

Comments

変態王子の一巻は、今読んでるところですよ。
しかし何だかあらすじ読んでると、神がかり的なのですが大丈夫でしょうか。
一巻と随分乖離した話になってません?

けれど、フリーダムな文章なのに苦にならないっていいですね。
時折ラノベ(や一般文芸)でフリーダムな文章に当たると、辟易することがありますので。
変態王子がそういう方向に進んでいるのであれば、希少価値だと思います。
Posted at 2011.05.29 (19:42) by サクラ (URL) | [編集]
Re: サクラさんへ
コメントありがとうございます。

ちょうど読んでいるところだったのですか。
ご指摘どおり、1巻から随分乖離しています。ファンタジー色が強くてなんでもアリになってきてるんですよね。

一応言っておきますと、私の個人的な感性をもとに書いていますので、他の方の感想だと読みにくいという人もちらほらいました。賛否が分かれるほどフリーダムでしたので、サクラさんが好むかどうかは難しいですね。特に今回は、一人称ならではの独り言が多分に含まれてましたから。
Posted at 2011.05.30 (03:48) by つかボン (URL) | [編集]
こちらこそ、相互リンクありがとうございます!つかボンさんのブログは本当に為になるし、ラノベを選ぶときの参考にさせていただいています。

変態王子は気になっているのですが、まだ未読です。早急にチェックしてみます!
Posted at 2011.05.30 (07:04) by まみ (URL) | [編集]
Re: まみさんへ
コメントありがとうございます。

これでも一応1年以上ブログを続けてきた人間なので、そう言ってもらえるとすごく嬉しいです。こんなんでよければどんどん参考にしてやってください。

変態王子は今話題のシリーズで、私の一押しでもありますので、もしよければお手に取ってみくださいな。
Posted at 2011.05.31 (02:17) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード