スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山を越え、川を越え、哲学を越え

三連休の中日に、大阪へ来た家族と一緒に滋賀と京都を回ってきた。
滋賀は比叡山延暦寺、京都は貴船神社と哲学の道へ。
どこも初めて訪ねる場所だったから楽しかったよ。とくに哲学の道では終始テンションが収まらなかった。京都の中でも屈指の名所だと思う。何度でも行きたい!


DSC_0085b.jpg
延暦寺の施設内にある国宝、根本中堂。
価値ある建築物だけど、中はあまり見てて楽しいところではなかったなあ。回廊に小・中学生の書いた書写がずらりと貼り並べられていて、それを眺めている方が面白かった。

DSC_0082a.jpg
食堂で食べた比叡山うどん。
そばの方が有名みたいだったんだけど、そばよりうどん派な私はうどんをチョイス。家族はみんなそばだった。
山菜がとても美味しいの。いつかもう一度食べたくなる味だった。

過去に幾度となく武家と対立し、焼き討ちにも遭った延暦寺。今こうして訪ねることができたのは本当に幸運なんじゃないかな。どこかで歯車が食い違えば残存していなかった可能性だってあるわけだし。
宗教には明るくもないし、そこまで興味があるわけではない私だけど、相容れぬ二つの存在がたどってきた物語、その熾烈さを想うと胸の中で滾るなにかがありました。

DSCF0045a.jpg
鞍馬の貴船神社へ。
鴨川の水源に沿って歩きました。水がすっごく澄んでいて、空気も綺麗だった。

DSCF0047a.jpg
本宮参道。
さすが縁結びやら陰陽師やら丑の刻参りやら色々ないわれのある神社だけあって、鳥居をくぐって早速神秘的な風景が。一段上がるたびに神様の御殿に近づいてる気分になる。

DSCF0056a.jpg
最後の観光地、哲学の道。
春は桜、秋は紅葉で有名だけど、この時期は残念ながら中途半端だったなあ。でも、周りの風景は十分綺麗だった。雰囲気や近隣の住居が京都の中でもまた異質な感じで、居心地がすこぶるいい。

DSCF0053a.jpg
途中にはこんなものが。

DSCF0054a.jpg
屋根の上には翁と媼の像があるんだね。

DSCF0058a.jpg
ほんのり色づいてる場所も。もう少しすれば、これが一気に朱に染め上がる。

哲学の道は紅葉シーズンにもう一度訪れるべきだと思う。今回行けなかった糺の森も含めて、紅葉狩りとしゃれ込みたいな。
唯一残念だったのは観光客であふれかえってることなんだよね。うーん、上手く説明できないんだけど、あの空間は観光される場所であってほしくないというか。特別ではなく日常であってほしい。
こう言っている私が紛れもなく観光客だったのが、甚だ残念だったよ。

本当に素敵な場所でした。






『第18回 電撃大賞 受賞者・作品』

ついに発表された。
小説部門『大賞』受賞者が22歳。わ、若い……。
全体的に見ても平均年齢低めだ。次から次へと新鮮な才能が足もとをすくいにくる過酷な業界なんだと、改めて実感した。
ちなみに私は現在21歳だけど、受賞は大袈裟だとしても22歳になる頃にはどれほどの実力をつけていられるんだろう。

焦る必要がないことはわかってるんだ。大賞受賞者が同年代の人間だったからといって、私が焦燥感に駆られる理由にはならない。
でも同じように、それが怠慢の理由にもならないんだよね。
時間はだれにでも平等という言葉は、あれはひどい嘘だと私は思ってるんで、頑張らなくちゃな。


スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【Colorful Concrete】
三連休の中日に、大阪へ来た家族と一緒に滋賀と京都を回ってきた。滋賀は比叡山延暦寺、京都は貴船神社と哲学の道へ。どこも初めて訪ねる場所だったから楽しかったよ。とくに哲学の道では終始テンションが収まらなかった。京都の中でも屈指の名所だと思う。何度でも行きた...
Posted at 2012.03.22 (18:22) by まとめwoネタ速suru

Leave a comment

Private :

Comments

哲学の道行ってきたんですか。
私はあそこでスピカの原稿を書いた覚えがあります。
思索するには、とっておきの場所なんですよね。

叡山は、残念ながら行ったことないですね。
というより、何が有名なのかわからなくて――。
千年以上都を守ってきたところだということは解るんですけどね。
一度叡山電鉄に乗って行ってみたいです。
Posted at 2011.10.15 (00:52) by サクラ (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。