FC2ブログ

空ろの箱と零のマリア/御影瑛路

私の実家帰省記3


昨日友人とメールのやり取りをしていて、一度返信が遅くなったことがあったのですが、その時の返事でタイトルに「返信遅くなりました」と打とうと思って、何を思ったのか、打鍵ミスで「変人遅くなりました」と打って送ってしまいました。
あとでそのミスに気付くも時すでに遅し。
友人から返ってきたメールの出だしにはこう書いてありました。

「知ってる」

私の友人は一体何を知っていたのでしょう。
それがどうしようもなく気になって昨日は夜も寝れませんでした。


空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
御影 瑛路

アスキーメディアワークス 2009-01-07
売り上げランキング : 2879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「そんなこと……どうしてあなたに分かるの!」
「どうして、だって?」
 マリアはその問いに背筋を張って、嘲笑する。
「その答えは簡単だ」
 涼しげに簡潔に答える。
「私は世界中の誰よりも、星野一輝を見ているからだ」



――あらすじ――
3月。中途半端な時期にやってきた転校生・音無彩矢。そのあまりの美しさに息を呑む教室の中で、彼女は教壇に立ち、無愛想にただ自分の名前だけを告げた。教室全体が次の言葉を待っていた、その時―。「星野一輝」―呼んだのは、何故か僕の名前。「私はお前を壊すために、ここにいる」そして、突然の宣戦布告。ただ超然と、毅然として言い放ち、静かに微笑む彼女の真意は…!?御影瑛路が贈る新作登場。


――感想――
悪くはない……
悪くはないんだけどなぁ……。
なかなか唸らせてくれる作品です。

中途半端な時期に転校生してきた美少女・音無彩矢。
彼女が転校してきたクラスの生徒である星野一輝は、いきなり彼女に意味も分からず宣戦布告されてしまう。
そして、なぜか彼女が転校してきた日から翌日の朝までの時間を何万回も繰り返してしまうという現象が発生する。
その現象には、音無彩矢、星野一輝、そして"箱"と呼ばれるものが関係しているらしい。
一体誰がそんな現象を発生させているのか?
また、なぜそんなことをしたのか?
それらの謎を突き止めていくミステリーものです。

細かいところまで練りに練られたストーリー構成は圧巻。
いたるところに張られた伏線、そしてそれらのミスリードを誘う文章技術は見事というほかないです。
私も一つの作品の中で何度も騙されました。
ミステリー好きな私は、真実が少しずつ明かされるたびに背筋がゾクゾクしました。

ただなぁ……。
一つの作品の中に詰め込み過ぎた感じがあるんですよね。
どんでん返しに次ぐどんでん返しに次ぐどんでん返しに次ぐどんでん…………みたいな。
あと、同じ時間を何度も繰り返しという異常事態が発生しているのに、それに気づいた主人公や友人たちがその状況に順応するのが早すぎる気がします。
それに、登場人物が妙に聡いのも気になる。
少し人間描写にリアル感が足りないと思う。
そのあたりが気持ち悪く感じたりします。

何か心にモヤッとしたものが残るけど、でも面白いのも事実。
そういったもどかしい気持ちになる作品です。
良くも悪くも次巻しだいかな。


関連商品
空ろの箱と零のマリア〈2〉 (電撃文庫)
空ろの箱と零のマリア〈3〉 (電撃文庫)
プシュケの涙 (電撃文庫)
僕は友達が少ない (MF文庫J)
電波女と青春男 (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

空ろの箱は、私も読みましたよ
読んだら止まらなくなりました

人間描写ですが、それぞれのキャラが異常(箱に関わっているため)なので、私は逆にリアル感のないところを楽しみましたね

これは、人によって感じることが違っておもしろい作品ですねw
二巻も楽しみにしてますよ~
Posted at 2010.03.15 (09:33) by 夕凪 (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
夕凪さん、コメントありがとうございます。

> 読んだら止まらなくなりました
確かに次の展開が気になって読んだら止まらなくなる作品ではありますよね。

> 人間描写ですが、それぞれのキャラが異常(箱に関わっているため)なので、私は逆にリアル感のないところを楽しみましたね
なるほど、そういう見解もあるのですね。
参考になります。

> 二巻も楽しみにしてますよ~
2巻の記事を更新しましたらぜひ読んでください。
Posted at 2010.03.15 (14:43) by つかボン (URL) | [編集]
私も貴作は読者を選ぶなぁと感じました。

構成が神業な分多くを求めてしまったりもしちゃいますね。自分なんかは。
Posted at 2010.03.15 (20:52) by 朝日悠 (URL) | [編集]
確かにこの作品はどんでん返しすぎて
裏の裏は表というか
逆に同じ時間を何回も繰り返すという設定が
邪魔してると思う

まあそれに有り余るほどのストーリー構成には
脱帽ものですが
Posted at 2010.03.15 (21:52) by シャモ (URL) | [編集]
自分も背筋をゾクゾクさせながら読みましたw

個人的には大好きな作品なんですけど、複雑でわかりずらいと言うのは分かります。
でもそこが面白いんじゃないかなって思ってます。
Posted at 2010.03.16 (01:59) by ぐれ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
朝日さん、コメントありがとうございます。

> 構成が神業な分多くを求めてしまったりもしちゃいますね。自分なんかは。
そうですね。
私なんかもついつい多くを求めてしまいます。
Posted at 2010.03.16 (12:37) by つかボン (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
シャモさん、コメントありがとうございます。

> 逆に同じ時間を何回も繰り返すという設定が
> 邪魔してると思う
アイディアは凄くいいんですけどね、そこまでどんでん返しの要素を入れる必要があったのかなぁという感じはあります。

> まあそれに有り余るほどのストーリー構成には
> 脱帽ものですが
ここまで凝ったストーリー構成はなかなかお目にかかれませんよね。
Posted at 2010.03.16 (12:41) by つかボン (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
ぐれさん、コメントありがとうございます。

> 個人的には大好きな作品なんですけど、複雑でわかりずらいと言うのは分かります。
> でもそこが面白いんじゃないかなって思ってます。
わかりずらいのは良いんですけど、どんでん返しの要素を詰め込み過ぎたんじゃないかなぁと思います。
ここまで凝ったストーリーにすると次巻からも同じもしくはそれ以上のスペックを求められて大変そうです。
Posted at 2010.03.16 (12:43) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード