FC2ブログ

バカとテストと召喚獣4/井上堅二

金属とナイロンとプラスチックの何か


今日、私事で知人の家に行っていたのですが、帰宅しようと外に出ると大雨強風というテンションをガタ落ちさせるには十分な悪天候。
傘を持って来ていなかったので、仕方なくその知人に借りました。
そこまでは良かったのですが、自転車を走らせるとものの3秒で知人から借りた傘が吹き荒ぶ風に破壊されてしまいました。
骨組みがめちゃくちゃなり、もはや傘の役割を果たせなくなったそれをどうにかしようと思ったのですが、さらに悪いことに傘が閉じなくなってしまったではありませんか。
どうしようもないので、そのまま上に掲げて帰りました。
金属とナイロンとプラスチックの何かを掲げて走る私の姿は、さぞかしシュールな光景に映ったことでしょう。
知人になんと言って謝りましょうか。

20100320232033a.jpg
↑金属とナイロンとプラスチックの何だか分からないもの


バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫)
井上 堅二

エンターブレイン 2008-05-30
売り上げランキング : 558

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「雄二! 雄二も何か反論しなよ! このままじゃ僕らは焼死体だよ!?」
「てめぇら……! やるならコイツだけをやれ!」
「雄二……ありが――違う! その台詞、よく考えると僕を売って自分だけ助かろうとしているだけじゃないか! 自分だけ良ければいいのかこのゲス野郎!」



――あらすじ――
美波のペッタンコを賭けて、バカとドリルが全面戦争! 正真正銘エクスプロ-ジョンラブコメ第4巻!!
美波から衝撃のキス!あまりの驚きに呆気に取られる明久。現場にはFクラスの面々が現れ、すぐさま臨時査問会(公開処刑と同意語)が執り行われることに。そんな彼らをよそに他のクラスは着々とFクラスに対する武力制裁の準備を進めていた!雄二率いるFクラスは最大のピンチを突破できるのか?そして明久、美波、瑞希の恋はどこへ向かうのか!?「………明久は、やるときはやる男」、はたして真相はいかに―!?今回は、バカと恋路と大戦略!秀吉とムッツリーニも大活躍の青春エクスプロージョンラブコメ、フォー!!


――感想――
美波無双キター!
無双というか、読者がいろいろと夢想してしまう愛すべきバカたちの物語第4弾!

美波の可愛さがギッシリ詰まった、美波好きにはたまらない一冊。
今回はラブコメのラブの要素が強かった印象があります。
3巻からの続きだから展開的には間違っていないけど。
その分バカ要素が減少したのは残念かな。
バカを源として成り立っている作品だからなー。
まぁ、その代わり身悶えするほどの美波と明久のいちゃつきぶりがカバーしてくれたから問題ないといえば問題ない。

ある程度段階を踏むとあからさまに好意を見せる美波の大胆さにはかなりグッとくるものがある。
既存のツンデレキャラとは一味違っている気がします。
というか、この作品のヒロインはみんな大胆。
明久が鈍感過ぎるだけか(主にバカという意味で)。

大胆といえば美春。
なんで表紙? と読み始める前は疑問に思いましたが、読了して納得。
普段は「お姉さまー、お姉さまー」と一方的にその欲望を暴走させているイメージが強いですが、ちゃんと美波のことを考えているんですね。
最後に明久を許したのはそういうことかなって思ったり。

美波が主役なこのお話ですが、何気に一番印象に残ったのは物語中盤の廊下での明久と瑞希の会話のシーンだったりします。
このシーンで瑞希の印象が良い方向に変わりました。
瑞希の仕草とか言動とか、何か心に残るものがあるんですよね。
というか、イラストがね……反則かなって。



関連商品
バカとテストと召喚獣3.5 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣3 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫)
バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)
by G-Tools

バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray]
バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray]


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

こんばんは、つかボンさん。どうもじたまです。
私は、美波派なのでこの巻の話は悶絶もんでしたね~
普段ツンな美波があそこまで積極的になるなんて…
バカ成分は若干少なめでしたが、私的には大満足の話でした。
Posted at 2010.03.21 (04:22) by じたま (URL) | [編集]
今巻は完全に美波のターンでしたねー。

3巻の最後が「えぇぇ!?」って感じだったので
3.5巻を飛ばして思わず一気に4巻読んでしまった記憶があります。

このままクライマックスへ向かってバカテスも終わってしまうのかと思われたが最終的にはいつも通りの関係に戻って一安心でした。
Posted at 2010.03.21 (11:48) by ばなな汁 (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
じたまさん、コメントありがとうございます。

> 私は、美波派なのでこの巻の話は悶絶もんでしたね~
私も美波派なのでこの巻は非常に嬉しかったです。
やっぱりツンデレがいいですよね。

> バカ成分は若干少なめでしたが、私的には大満足の話でした。
井上先生はラブ方面でも実力を発揮できるということが分かりましたね。
Posted at 2010.03.21 (13:33) by つかボン (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
ばなな汁さん、コメントありがとうございます。

> 3巻の最後が「えぇぇ!?」って感じだったので
> 3.5巻を飛ばして思わず一気に4巻読んでしまった記憶があります。
その気持ち分かります。
私も飛ばして読みたかったのですが、必死に我慢しましたw

> このままクライマックスへ向かってバカテスも終わってしまうのかと思われたが最終的にはいつも通りの関係に戻って一安心でした。
どういう風に収拾つけるのかと不安になりましたが、最後は綺麗にまとめられましたね。
Posted at 2010.03.21 (13:44) by つかボン (URL) | [編集]
この巻は親愛なる井上先生がまだ人としての尊厳が保てている頃の作品でしたね☆

確かにお笑い控えめでしたが締めの明久の台詞やら名シーンが多いなぁという印象がありました!
Posted at 2010.03.21 (15:21) by 朝日悠 (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
朝日さん、コメントありがとうございます。

> この巻は親愛なる井上先生がまだ人としての尊厳が保てている頃の作品でしたね☆
確かに、この後からいい意味で酷くなっていきますよね。

> 確かにお笑い控えめでしたが締めの明久の台詞やら名シーンが多いなぁという印象がありました!
ラストの明久の台詞はカッコいいですよね。
明久がちゃんと美波を女の子と見ていてくれてよかったです。
Posted at 2010.03.21 (16:07) by つかボン (URL) | [編集]
バカテス面白いですね~
この巻では特に異端審問会のメンバーが秀逸すぎる
行動早すぎだろ

美波かわいすぎる
姫路さんももう少し積極的に、ね
まあ葉月ちゃんがシャモの中では一番だけどね
紳士ですから
Posted at 2010.03.21 (18:04) by シャモ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
シャモさん、コメントありがとうございます。

> この巻では特に異端審問会のメンバーが秀逸すぎる
> 行動早すぎだろ
疾風怒濤とはまさにこのこと! といった感じでしたからねw
須川くんの執念がすごいw

> まあ葉月ちゃんがシャモの中では一番だけどね
> 紳士ですから
葉月ちゃん思わぬ伏兵ですよね。
私も紳士ですから好きですw
Posted at 2010.03.21 (18:28) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード