FC2ブログ

藍坂素敵な症候群/水瀬葉月

ブログを書いているとネタに困るよね


という話をネタにしてみたり。


……すいません、調子に乗りました。


藍坂素敵な症候群 (電撃文庫)藍坂素敵な症候群 (電撃文庫)
水瀬 葉月

アスキーメディアワークス 2010-01-10
売り上げランキング : 21704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「ほら――やっちまえよ、正義のお医者さん」



――あらすじ――
私立千歳井高校。那霧浩介が転校初日に連れていかれたのは医術部というちょっと奇妙な部活だった。部長・藍坂素敵。ちっちゃくて白衣を纏いメスを持ち、やたらと元気な女子。部員その1、宵闇ヶ原陰子。傘を異常に溺愛するお嬢様。部員その2、黒崎空。いつもご機嫌斜めな金髪ヘッドホン女。三人ともかわいいのはいいのだけど、藍坂はなぜか手術をさせろと迫ってくる。一方、街では“耽溺症候群”なるものが蔓延していて、その影には“おはなしやさん”の存在があり―。『C3‐シーキューブ‐』の水瀬葉月が贈るフェチ系美少女学園ストーリー。


――感想――
水瀬先生の作品はこれが初めてだから他の作品がどうかは分からないけど、なかなかどうして不思議な世界観を描く作家さんだ。
ラブコメものの中にどこかずれた観念が入り込んでいる感じ。
普通のラブコメでは終わらせない面白さがある。

独創的な内容なので好き嫌いがあるかもしれないけど、個人的には当たりだったかな。
ぶっ飛んだ設定が多数登場するも、無理矢理でも押し切ってやる! という力強さを文章に感じた。
いろいろ矛盾はあるものの、特殊な人格を持ち合わせた愉快な登場人物たちがカバーしてくれている。

物語の内容を大雑把に説明すると、ある日突然マニアックなフェティシズムを抱えてしまった人々を、『医術部』という部活動のメンバーが治療していくというお話。
このマニアックなフェティシズムは物語上では『耽溺症候群』と言われる。
『耽溺症候群』の症状が重度になると、人殺しすらも厭わずに自分の欲求を満たそうとするようになる。
重度に至った『耽溺症候群』患者を治療できるのは、特殊な能力を持ち合わせたヒロインの藍坂素敵だけ。
その藍坂素敵の特殊能力や、彼女の過去、『医術部』メンバーの境遇など、序盤で多くの謎が生まれるけど、中盤でいい具合に伏線が回収されている。
グロテスクな表現も所々で出てくるけど、あっさり書かれているのそこまで忌避するものではないかな。
ラストの盛り上がりにも目を見張るものがあった。

ただ、主人公がどこか空虚なイメージがあった。
周りが変態ばかりだから仕方ないけど。
どんな趣味でも等しく好きになるという個性をもっと引き出せば良かったのにと思う。
人間性などは好感が持てるし、最後のゲル子との会話から今後重要なキーパーソンになることは明らかだから、次巻以降に期待したい。

ヒロインの藍坂素敵は、何となくテンプレなキャラな気がしないでもないけど、自分が身を置く世界に辛辣な想いを抱きながらも真っ直ぐに向き合っているあたり、そこら辺のラブコメヒロインとは一線を画しているように思う。
個人的にはゲル子を押すけどw
あと、入院中で名前しか登場しなかった最後の部員も気になる。
登場するのは次巻かな。

ここまで感想を書いてきてアレだけど、この作品の最も凄いところはタイトルじゃないかなぁ。
読めば、「あ、なるほどね」と納得してもらえると思う。
タイトルの秀逸さに驚きです。


関連商品
A=宇宙少女2×魂の速度 (電撃文庫)
らぶちゅー!―ボクが女教師!? (電撃文庫)
さくら荘のペットな彼女 (電撃文庫)
C3‐シーキューブ‐〈9〉 (電撃文庫)
ぷれいぶっ! (電撃文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

この本も持ってますよwww
持っている中で数少ないラブコメものです。
タイトルにはビックリでしたww
タイトル秀逸説に一票!!

「セイジャの式日」読了しました。
感想は後日載せますが、想像以上でした・・・・・・。
Posted at 2010.04.26 (19:32) by ask (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
askさん、コメントありがとうございます。

ラブコメもの少ないのですか?
私は逆に好物なので多いです。
タイトル秀逸説に頷いてくれる人がいて嬉しいです。

ちょうど私もセイジャ読んでました。
まさしく想像以上でした。この引きは素晴らしすぎです。
感想書きましたのでぜひ拝見してください。
askさんの感想も楽しみにしています。
Posted at 2010.04.26 (21:59) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード