FC2ブログ

探偵・花咲太郎は閃かない/入間人間

今後の執筆活動の予定


今後の執筆活動の予定を簡単に報告したいと思います。
現在は『クリーンおじさん』の続編を執筆中です。『クリーンおじさん』の続編は近日中に公開出来ると思います。
あと、新作の短編とショートショートを同時進行で執筆中なので、こちらも近いうちに公開出来たらなと思っています。
その際、あくまで予定ですが、自作小説紹介専用のブログを新たに建てようかなと考えています。このブログだと、他の記事とごっちゃになって分かりにくいので。
長編の方は、『クリーンおじさん』の執筆に労力を割いているので構成段階で止まっちゃていますw
完成するのは随分先になりそうですが、完成次第新しいブログの方で紹介したいと思います。

以上、報告でした。


探偵・花咲太郎は閃かない (メディアワークス文庫)探偵・花咲太郎は閃かない (メディアワークス文庫)
入間 人間 

アスキー・メディアワークス 2009-12-16
売り上げランキング : 28206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「推理は省いてショートカットしないとね」



――あらすじ――
「推理は省いてショートカットしないとね」「期待してるわよ、メータンテー」ぼくの名前は花咲太郎。探偵だ。浮気調査が大事件となる事務所に勤め、日々迷子犬を探す仕事に明け暮れている。…にもかかわらず、皆さんはぼくの職業が公になるや、期待に目を輝かせて見つめてくる。刹那の閃きで事態を看破する名推理で、最良の結末を提供してくれるのだろうと。残念ながらぼくはただのロリコンだ。…っと。最愛の美少女・トウキが隣で睨んできてゾクゾクした。でも悪寒はそれだけじゃない。ぼくらの眼前には、なぜか真っ赤に乾いた死体が。…ぼくに過度な期待はしないで欲しいんだけどな。これは、『閃かない』探偵物語だ。


――感想――
入間先生が始めてMW文庫で描く、シュールでシニカルな閃かない探偵の物語。

入間さんの作品ということで、もちろん購入しない訳にはいかないのだけど、例え入間さんの作品でなくとも、この思わず小首を傾げてしまいそうなタイトルなら購入していただろう。
探偵なのに閃かないって、そんな矛盾した言葉を組み合わせるところが実に入間さんらしい。

実に愉快。
私のストライクゾーンを直球で突き抜ける作品だった。これ、かなり好きだ。
普段の入間さんと比べて文章は割と読みやすく、入間初心者にも優しいと思う。
ただ、カッコいい鮮やかな名推理を期待している人は読まない方が吉。
主人公の存在は無意味の塊。その主人公が紡ぐ物語はもちろん無意味。
だけど、入間さんの本質はそんな単純で素直なカテゴリには収まらないんだよ! などと、お前が入間さんの何を知ってるんだよっ、と叩かれそうなのでこの話題はここで封鎖します。

かく言う私も、『閃かない』と言っておきながら閃くんだろ? と思っていたのだけど、最後まで閃かなかった。
でも、この地に足が付いてないふわふわした感じが物語に不思議な魅力を塗りつけている。

短編集形式で、全ての話を合わせて一つの物語を織りなしている。
個人的に『残酷ペット事件』が良かった。エリオット登場だし。
エリオット関係の小ネタに『電波女』とのリンクを感じられて、ついニヤニヤと。
トウキもいいけど、一番好きなのは殺し屋かな。
花咲太郎と同じぐらい役立たず感を醸し出しているのがグッド。

それにしても、この作品名言多いなー。

それはそれ。ロリはロリ。

壮大だねぇ。変態は夢想家の内は大器だよな、行動が伴うと小物になるけど

でも、やっぱり一番はこれ。

地球のみんな、コナン君の飲んだ薬を飲んでくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

えぇ、盛大に吹きましたとも。


関連商品
探偵・花咲太郎は覆さない (メディアワークス文庫)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈9〉始まりの未来は終わり (電撃文庫)
電波女と青春男〈4〉 (電撃文庫)
僕の小規模な奇跡
ささみさん@がんばらない (ガガガ文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

太郎君面白いですよね。
私は四章の「マリオ」が特に好きです。

次の巻は探偵・花咲太郎と殺し屋・木曾川のやり取りが見所です。

入間さんの作品は他作品とのリンクが多いので、気がついた時は思わずニヤニヤしてしまいますよね。
Posted at 2010.05.07 (22:00) by 半熟タマゴ (URL) | [編集]
ここでは、初めましてですね。
天野寂と申す者です。以後お見知りおきを。

『クリーンおじさん』の続編、楽しみです。
他の方も言われてるように、入間さんの影響が色んなところに散りばめられていて、そのつまり、大変好みなお話だということです。
楽しみに待ってますので、執筆頑張ってください。

>他サイトで入間さんは先生と呼ばれるのが嫌いという情報を聞いたので
その他サイトの詳細を教えて頂けませんか?
そこの管理人さんとはお近づきになっておかねばならないようなので。

花咲シリーズは語り手の太郎が良くも悪くも正直なので、他の作品に比べるとまっすぐで読みやすいですよね。
作品間リンクにはニヤニヤしちゃいますねー、自分こういうの大好物です、はい。
名言抜粋箇所が自分とシンクロっててここでもニヤニヤ、でした。
あの切実な叫びは爆笑するしかないですよねw
Posted at 2010.05.07 (22:36) by 天野寂 (URL) | [編集]
こんばんは、つかボンさん。
執筆活動頑張って下さい。
「クリーンおじさん」の続編が近日中に公開という事で、もうワクワクしています。
つかボン先生のファンの一人として、楽しみに待ってます。

この作品は私も読みました。入間さん(のほうがいいのか)の作品は本当に良いですね。
現在、覆さないを読んでいる最中ですが、そちらもかなり面白いですよ。
Posted at 2010.05.07 (23:28) by じたま (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
半熟タマゴさん、コメントありがとうございます。

わざわざ読書メーターから足を運んでいただきありがとうございます。
『マリオ』はタイトルが素晴らしいなぁと思います。
オチも秀逸でした。

木曽川は再び登場するんですね!?
次巻楽しみです。

天野寂さん、コメントありがとうございます。

どうも初めましてです。
天野寂さんに訪問していただき嬉しい限りです。

入間さんを愛する天野寂さんに『クリーンおじさん』を評価していただけるなんて……!
今はまだ入間さんの二番煎じですが、いつか自分だけの文章を手に入れられるよう精進していきますので、応援よろしくお願いします。

申し訳ないのですが、情報を仕入れたサイトはちょっと分からなくなってしまいました。
ネットで入間情報を粗探ししていて、リンクを二段三段と飛び回って行き着いたサイトだったので、その所在が判然としません。
この情報自体信憑性があるのかもいまいちはっきりとしませんし。
でも、入間さんは実際私の執筆の先生のようなものなので先生と呼びたいなー。

みーくんのように一癖も二癖もあるような人物ではないので分かりやすいというのがありますよね。……まぁ、太郎君もある意味で一癖ある人間ではありますが。
他作品の登場人物たちが同じ世界で生きているんだなぁと思うと、何だか嬉しくなります。
次巻でも、名言もとい迷言を多産してくれることを期待しています。
Posted at 2010.05.07 (23:29) by つかボン (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
じたまさん、コメントありがとうございます。

先生だなんて……!
いつかそんな風に呼ばれたいなぁ、なんて夢見てましたが、実際に呼ばれると恥ずかしい!
私などその呼び名に見合った人物ではないので今まで通りさん付けで構いませんよ、というかお願い!

入間さんが本当に先生と呼ばれるのが嫌いなのかどうか、この情報の信憑性がいまいちはっきりとしないので今更ながら訂正しようかなと考えています。
ご自分の呼びたい呼び方で構わないと思いますよ。

覆さないも中々の好評のようなので早く読みたいです!
Posted at 2010.05.07 (23:37) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード