FC2ブログ

爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!!/日日日

あーーーーーーーーーーーっ!!!


今日、大学の授業を終えて帰宅後、PCをいつも通りカチャカチャいじっていたのですが、ふと強烈な睡魔に襲われてひと眠りすることに。
小一時間ほど眠ったところで尿意を催し、トイレに向かおうと起き上がりました。
トイレに向かっている途中何となしに台所、正確にはIHの上に置いてあった小さめの鍋を見ました。見てしまいました。

「あーーーーーーーーーーーっ!!!」

鍋の底が……何だか真っ黒!!
そして思い出しました。
寝る前に紅茶を飲もうと水を沸騰させていたことを!
水が完全に蒸発しきった後も、熱せられ続けた鍋は底を焦がしていたのです。
IHだったので電源は自然に切れていましたが、鍋は見るも無残な姿に。


泣きました。


爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!! (角川スニーカー文庫)爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!! (角川スニーカー文庫)
日日日

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-05-01
売り上げランキング : 3892

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 恋する少女は泣きじゃくった。
 正気を逸したような、ひたむきさで。
「だから、こんなところで世界を終わらせるわけにはいかないんだ。まだ手も繋いでいないのに、死んじゃうわけにはいかないんだ。それのどこが悪いの? 立派じゃなくて、どこが恥ずかしいの? ボクのちいさな願いを――誰にだって否定させない!!」



――あらすじ――
「とくと見よ。ここから先が非日常じゃ!」傍若無人な美少女、Xサンの宣言と共に、九条花丸の“日常”は壊滅する。突如、二人を狙って襲来する巨大なロボット。それは謎の組織が造り出した“正義の味方”と呼ばれる超兵器。そして、花丸を守ろうとするXサンもまた、“正義の味方”だったのだ。花丸をめぐって闘いをくり広げる超兵器群。はたして彼らの狙いとは!?多彩な“正義の味方”によるバトルラブコメ・ロイヤル、開戦。


――感想――
『ささみさん@がんばらない』で感銘を受けて作者買い。
やはり不思議な世界観を描く作者だなぁ。

つまりは日日日さんらしい作品ということ。
天使や魔女っ子や変身ヒーローなど、様々な正義のヒーローどうしの戦いを、軽快に爽快に痛快に描いた作品。
作者の趣味で書いた感じがひしひしと伝わってくるけど、面白ければ何でもありなのです。

かつて日本を支配していた<正義機関>と言われる謎の組織が生み出した<正義の味方>という名の超兵器たち。
<正義の味方>を利用して世界征服をしようとした矢先、<正義機関>は<正義の味方>の反乱を受けて壊滅する。
そして<正義の味方>たちは、自らの体内に宿した生命の源<聖氣>を求めて共食いを始める。
<正義の味方>どうしの熾烈な戦いの火蓋が切って落とされる。
……とまぁ、物語の裏設定はこんな感じ。
設定は面白いけど、訴えるものはあまりない。
一文ごとに改行しているのは、読者にテンポよく読ませるためなのだろうか? 普通に書けば実際二百ページぐらいじゃないの?
そういう意味でも、内容は薄め。だけど、それは気にしたら負け。
この作品の本質は内容ではなく勢いだと思う。
その勢いは、子供の頃の熱く漲る興奮を思い出させてくれる。

主人公に感情移入できないかったのは辛かったなぁ。
ヒロインが強い作品でありがちな設定として主人公がほぼ無力に近いというものがあるのだけど、この作品もそのお約束を見事になぞっている。
実は、そういう設定は好きじゃない。エロゲーみたいじゃん。

とりあえず、ヒロインの一人の魔女っ子が可愛い。
ヤンデレ気味だけど、主人公への真っ直ぐな想いを糧に戦う姿が健気で良かった。

読んでいる最中、もしかして一巻完結? と思ったけど、どうやら続巻も出るらしい。
日日日さんだからただでは終わらせないだろうと期待して、次巻も楽しみにしたいと思う。


関連商品
ささみさん@がんばらない 2 (ガガガ文庫)
東京皇帝☆北条恋歌 5 (角川スニーカー文庫)
ダンタリアンの書架5 (角川スニーカー文庫)
緋弾のアリアVI 絶対半径(キリングレンジ)2051 (MF文庫J)
ぼくこい (角川スニーカー文庫)
by G-Tools


スポンサーサイト



Leave a comment

Private :

Comments

『爆熱天使Xサン 』買おうと思っているんですけど、まだ買ってないですね。
あらすじを見たところ、『魔女の生徒会長』のような少年漫画のような作品だと思うんですけど。
日日日さんは色んなレーベルで作品出しているので、読むのが追いつけないですよ。

バトル物もいいですけど、デビュー作品の『ちーちゃんは悠久の向こう』みたいな不思議な物語もまた読みたいです。
未読なら是非読んで見てください。
Posted at 2010.05.09 (11:49) by 半熟タマゴ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
半熟タマゴさん、コメントありがとうございます。

んー、どう言えばいいのか。
他作品のヒーローたちが一つの作品に終結したら? という夢を叶えてくれる作品です。
少年漫画のような熱さがあるのも確かです。だけど、主人公があまり活躍しないのが残念なんですよね。

『ちーちゃんは悠久の向こう』は名前だけは知っていますが、読んだことはありません。
確か、今年の夏に角川文庫で再刊行されるみたいですよ。
この機会に買って読んでみようかな。
Posted at 2010.05.09 (17:37) by つかボン (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
04 06
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

応援とか色々
プロフィール

つかボン

Author:つかボン
前ブログ『BOOKDAYs!』の元管理人。
入間人間先生をこよなく愛し、自らも作家を目指す小説家志望だが、その実態は堕落人生まっしぐらのダメ学生。
しかし落ちるところまで落ちればあとは昇るだけ、それは可能性の獣。

同人誌『Spica-スピカ-』のメンバーとして活動もしています。
コメントなどはお気軽に。
どうぞよろしくお願いします。

MY読書メーター
つかボンさんの読書メーター つかボンの最近読んだ本
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード